監督と甲子園3~人を育てる。すべては未来のために~

51XHre+usFL._SS500_監督と甲子園3
~人を育てる。すべては未来のために~
藤井利香 著
定価1575円(本体1500円)
平成18年8月発行

高校球界で注目を集める14人の名将が熱く語る。主なテーマは「人を育てる」ということ。

Amazon

第1章 公立伝統校の名将たち
澤田勝彦(松山商)
「純白のユニフォームに古豪の誇り」
玉国光男(宇部商)
「ミラクルを生む原風景」
齊藤俊之(銚子商)
「親子二代で挑む母校の勝利」
第2章 躍進する強豪私学の指揮官
上田 誠(慶応)
「受験難関校がついに開けた重い扉」
倉野光生(愛工大名電)
「混戦の愛知をリード。平成17年春、優勝」
森川芳夫(天理)
「三度の監督就任に全力」
第3章 新興公立校からの挑戦
吉田洸二(清峰)
「今や旬。平成18年、センバツ準優勝」
森脇忠之(社)
「過疎地の子どもたちにも夢を」
佐相眞澄(川崎北)
「中学野球から高校野球への挑戦」
熊谷貞男(一迫商)
「町内唯一の公立校に、地域に夢を託して」
第4章 挑戦を続けるベテラン監督
前田三夫(帝京)
「すべてを投げ捨て再出発」
蒲原弘幸(樹徳)
「“先生”にこだわり続けた指導者人生」
特別編
尾藤公元(箕島)
「尾藤スマイルが引き寄せた名勝負」
追悼
小沢章一(千葉英和・故人)
「甲子園の元ヒーローが挑んだ指導者の道」

校名は本書掲載当時のものです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中