スカウト

0273

スカウト
プロ野球の輪郭をふちどってきた男たち
安倍昌彦 著
2009年11月19日発売
定価1575円(本体1500円)
ISBN978-4-8172-0273-4

『アマチュア野球』の好評連載企画「スカウト」を単行本化!
労を重ね、智を働かせ、若い逸材たちをプロへと導いてきたスカウトたち。
巨人・中村スカウトほか11人の男たちの物語。

この本を購入する

第1章 中村和久(読売巨人軍)
競り合いの末に阿部慎之助を獲得
惚れた選手を毎日見続けて

第2章 山田正雄(北海道日本ハムファイターズ)
スカウトからGMへ
「根は、やっぱりスカウトですね、私」

第3章 大渕隆(北海道日本ハムファイターズ)
高校教師からスカウトへ
転身4年目で「スカウト部長」に

第4章 苑田聡彦(広島東洋カープ)
苑さんが導いた俊英を挙げていくと
そのまま広島の球団史になっていく

第5章 中田宗男(中日ドラゴンズ)
「立浪は、優しい顔して、
内面はもう高校生じゃなかったですね」

第6章 鈴木皖武(千葉ロッテマリーンズ)
「西岡は、私が40年以上の
プロ生活で見てきた最高の選手です」

第7章 高浦己佐緒(横浜ベイスターズ)
元チーフスカウトが、
中国プロ野球の技術指導に奮闘中

第8章 菊地敏幸(阪神タイガース)
プロへ導いた2人の投手がメジャーへ
「選手の〝最大値〟を忘れないようにしています」

第9章 岡林洋一(東京ヤクルトスワローズ)
スカウト4年目の元スター選手
愚直に、真っすぐ

第10章 山森雅文(千葉ロッテマリーンズ)
常勝・阪急の名プレーヤーが
今はダイヤモンドの原石を探す毎日

特別編 稲川誠(横浜ベイスターズ)
「くじで外して涙、流したのは松坂だけだったねぇ……」

この本を購入する

日刊スポーツ出版社・営業部

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中