2010激闘セ・リーグ優勝速報号

6683596

おめでとう落合ドラゴンズ

定価680円(本体648円)
2010年10月7日発売
雑誌コード66835-96
中日、巨人、阪神の三つ巴の戦いとなった2010年セ・リーグの激闘を紹介したリーグ優勝速報。

この本を購入する

4年ぶりリーグ優勝、
自慢の投手陣でセ・リーグ制覇

胴上げ速報
10・2優勝セレモニー ファイナルエクスプレス

激闘Vロード
9月25日 中日9-7横浜/9月22日 中日1-0阪神/9月21日 中日3-0阪神/9月19日 中日6-2ヤクルト/9月15日 中日6-5広島/9月14日 中日10-1広島/9月12日 中日5-2横浜/9月11日 中日7-2横浜/9月10日 中日1-0横浜

プレーバック落合監督語録
現役時代から個性的な発言をし、「オレ流」と言われた落合監督。無愛想、記者嫌い…が定着してしまった感があるが、そのコメント1つ1つは実に味わい深い。ここでは、今シーズンの落合語録を再編した。そこには1回聞いただけでは気がつかなかった、厳しさの中にある優しい心の内がにじみ出ている。~本誌リードより~

2010激闘セ・リーグ3強の激突
①中日vs阪神
②中日vs巨人
③巨人vs阪神

デニー友利の優勝分析
ノックによる守備力強化
整備された投手陣
「守り勝つ」野球で4年ぶりの戴冠
中日優勝は「トータルベースボール」の結実!
1年を通じて選手を育てがながら勝つ

Vを支えた男たち-1
BMW打線だ! オレ竜打線の原動力
打線の中心BMW
B=ブランコ、M=森野、W=和田
横浜「マシンガン」より、日本ハム「ビッグバン」より、阪神「ダイナマイト」より、今や中日の「BMW」打線だ。構成するのはMVP候補の和田、感性のスラッガー・森野と昨季2冠のブランコ。その活躍が今季のオレ竜打線の得点源。落合監督の“3冠テク”をたたき込まれた3本の矢ならぬ「3本のバット」が、4年ぶりペナント奪回の要因だった。

Vを支えた男たち-2
ほぼ2試合に1度の登板ペースも黙々と
セットアッパーの記録ラッシュも淡々と
浅尾拓也
浅尾なくして優勝なし!
高橋を受け継ぎ、岩瀬に託す
鉄壁リレー形成

ドラゴンズヒーローハイライト
岩瀬仁紀、森野将彦/小山桂司、岩崎達郎、セサル、野本圭/チェン/英智、中川裕貴、小池正晃、松井佑介/山本昌/清水昭信、川井雄太、鈴木義広、山内壮馬/荒木雅博/岩田慎司、平井正史、高島祥平、小笠原孝/堂上直倫/ネルソン、河原純一、長峰昌司、堂上剛裕/和田一浩、大島洋平/ブランコ/谷繁元信、山井大介、浅尾拓也/吉見一起、中田賢一、朝倉健太/高橋聡文、伊藤準規、小田幸平/井端弘和、新井良太、藤井淳志、小林正人

データで見るドラゴンズ強さの秘密
2010ドラゴンズ優勝までの足跡(全勝敗表)
2010栄光のドラゴンズ選手名簿

この本を購入する

日刊スポーツ出版社・営業部

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中