はるかなる甲子園

Photo_3

はるかなる甲子園
もう一つの高校野球物語

栗山英樹 著
定価1575円(本体1500円)
B6判256ページ
2010年10月28日発売(予定)
ISBN978-4-8172-0282-6
この本を購入する

甲子園へのたぎる思い
ほとばしる情熱

「熱闘甲子園」のナビゲーターとしておなじみの栗山英樹氏が高校野球の取材を通して感じた「甲子園」を、独自の視線と感性で著した。2010年春夏連覇達成した興南高・我喜屋監督と選手たち、決勝戦を投げ合った2人のエースの隠された物語を収録。第2部では甲子園を沸かせたスター選手の秘話を9編収めました。

第1部 熱血甲子園2010
其の一 興南高校・我喜屋優監督が目指す「選手の育て方」
“小事が大事を成す”/興南高校入学-大甲子園/社会人へ-沖縄→静岡→北海道/母校・興南高校へ-ゴミ拾いが出来れば、バントも出来るようになってくる/約束事そして、監督の思い/教え子たちへの影響力
其の二 興南高校・春夏連覇-間一髪の野球と周到な準備
春夏連覇へのスタート-春のセンバツ/沖縄の選手たち/チームの方向性/間一髪の野球-一発勝負の難しさ/大切な守りへの発展/強力打線への変貌/キャプテン我如古選手の爆発/興南高校の残してくれたもの/
其の三 2010年決勝-投げ合った二人のエース 島袋洋奨(興南)vs一二三慎太(東海大相模)
美しい球道/トルネードへの道/勝負の2010年/センバツの敗戦の意味/サイドスローへの転向/監督との絆/夢の実現、甲子園へ/甲子園の戦い/土岐商戦/チームの魂/同士の戦い/決勝戦の持つ意味/門馬監督へ
其の四 元プロ選手阿井英二郎監督が追いかける夢
同じ釜の飯を食べた仲/阿井選手 念願の甲子園へ/父の姿/瞑想/大学へ通いたい/阿井監督赴任/2010年夏の戦い
其の五 同級生、早実・和泉実監督-野球脳を鍛える
“早稲田実業”/チームが大きく変わる瞬間/2010年夏、甲子園
其の六 本当に大切なものを求めて-山形中央高校、心の野球
型破りのキャプテン/高校野球の監督に!/感動の山形大会決勝
其の七 名将去る-福井商・北野尚文監督最後の夏
福井商業監督へ/北野野球の本質/言葉の威力/ポイントは編み出せ

第2部 それぞれの夏
其の一 怪物伝説-作新学院・江川卓
其の二 悲鳴を上げていた右肘-沖縄水産・大野倫
其の三 甲子園で学んだこと-浜田高校・和田毅
其の四 津軽海峡を越えた大旗-駒大苫小牧
其の五 遙かなる聖地・甲子園-日本文理・伊藤直輝vs中京大中京・堂林翔太
其の六 背負えなかったエースナンバー-横浜・松井光介
其の七 栄光と挫折の狭間で-平安高校・川口知哉
其の八 アルプスで誓ったエースの誇り-PL学園・前田健太
其の九 -『お待たせしました』-ウグイス嬢・石塚くみ子

この本を購入する

日刊スポーツ出版社・営業部

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中