本日の搬入・はるかなる甲子園

本日(10月26日)、栗山英樹著「はるかなる甲子園~もう一つの高校野球物語~」(定価1575円)が搬入となりました。早いところでは、明日から店頭に並びます。

Photo

個人的には、出身地が同じ、山形県最上郡出身の山形中央・庄司秀幸監督を取り上げた、第1部・其の六が気になります。
庄司監督は体育科のある山形中央から東京学芸大学へ進学。社会人野球でプレーした後、母校の監督へ。今春はチームを初の甲子園出場に導く。庄司監督に対するイメージは「エリート」でした。しかし、1行目の見出しは「型破りのキャプテン」! むむむ。です。イメージと違うなぁ…。11行目には「アウトローなのだ」と。そんなタイプの人間が育つ環境じゃなかったと思うんだけど…。
今春、センバツで日大三高に敗れた後のエピソードなどの驚かされます。何事にも情熱を持って、真摯に取り組んだ先につかんだ夏の甲子園。初戦で敗れてしまいましたが、山形県にも良いチームが増えたことを知りました。

今日の活力となった1冊です。詳細は当ブログ内のここをクリック←してみてください。

輝け甲子園の星2010秋季号は明日、発売です。はるかなる甲子園でも取り上げている夏の甲子園決勝で投げ合ったエース二人の対談も収録しています。ここをクリック

日刊スポーツ出版社・営業部

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中