月別アーカイブ: 12月 2010

サッカーai2011年2月号

20112

サッカーai2011年2月号
定価790円(本体752円)
2010年12月29日発売
雑誌コード14119-02

この本を購入する

今回のメインは「サッカーaiアウォーズ2010」年間ベストイレブン! 順位は本誌で確認するという楽しみを奪ってしまわないために、このブログで掲載する順番はそのまま年間ランキングではありません。

☆Yatto’s Q&A
遠藤保仁(ガンバ大阪・MF)
2010年を漢字一字で表すと「?」
遠藤選手が45の質問に率直に答えてくれました。

☆My Lovely Pet
柏木陽介(浦和レッズ・MF)
紹介します! リスザルのマロンです!!

☆身がわりインタビュー
中澤聡太(ガンバ大阪・DF)
常に上を目指してプレーすることで自分の可能性の引き出しを増やしたい。
まだまだやることはたくさんありますから。
若手選手にも負けてられないですね!

☆サッカーaiアウォーズ対談
佐藤寿人vs槙野智章(サンフレッチェ広島・FW/DF)
よりグレードアップして日本中に広島を知ってもらいたい(槙野)
マキが代表に入ってうれしい。さらに中心選手になって!(寿人)

☆サッカーaiアウォーズMVP&MIP

今年もたっぷり見せます!
Jリーグ・アウォーズ2010

あなたは何問答えられるかな?
サッカーai検定

2010年サッカー界10大NEWS

aiイチオシ☆HERO
西大伍(アルビレックス新潟・MF)

ベガルタ仙台の人気マスコット
ベガッ太くんの魅力に大接近!

GUAPO STYLE
那須大亮(ジュビロ磐田・MF)
人生で初めての吹きガラス作りに挑戦!

U-21日本代表インタビュー
水沼宏太(栃木SC・MF)
10年は栃木SCに移籍。
試合に出て、代表に選ばれて、アジア大会優勝。
うれしい、充実した半年間でした
比嘉祐介vs山村和也(流通経済大・DF/MF)対談
薗田淳(川崎フロンターレ・DF)
関さんの誕生日がきっかけで選手同士の距離が
一気に縮まりました

Jリーガー2011年の誓い

第89回全国高校サッカー選手権大会
注目校紹介&全48出場校キャプテンの誓い
☆注目校
中京大中京(愛知県)
前橋育英(群馬県)
滝川二(兵庫県)
静岡学園(静岡県)
広島皆実(広島県)
☆注目選手インタビュー
柴崎岳(青森山田/青森県)

広告

サッカーaiは12月29日発売

サッカーai次号2011年2月号(定価790円)は年末年始のため、少し早めの12月29日(水)発売です。地域によっては1日~2日の遅れはありますが…。

アマゾンで購入する(まだ予約ですが)

今回は恒例のサッカーaiアウォーズ、年間ベストイレブンの発表など2010年の総決算です。そして、今年も高校サッカー特集をセンターに増ページしております。乞うご期待です。詳細は27日(月)にアップしますので、よろしくお願いします。

このブログを開設してから2カ月。ようやく検索にも引っかかるようになりました。おかげさまでアクセス数も増えてきています。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

日刊スポーツ出版社・営業部

アマチュア野球vol.30

30

アマチュア野球vol.30
定価950円(本体905円)
2010年12月24日発売
雑誌コード66836-09

この本を購入する

2011ドラフト逸材先取り名鑑
斎藤世代を超えろ!

ポスト斎藤世代No.1は誰だ?
2011ドラフトBIG3インタビュー

菅野智之(東海大・投手)
MAX157キロの剛球右腕
「自分がどこまで成長できるか楽しみです」
すがの・ともゆき=1989年10月11日生まれ。神奈川県相模原市出身。右投右打。東海大相模高。

藤岡貴裕(東洋大・投手)
安定感抜群の大学球界ナンバー1左腕
急成長の秘密に迫る!
ふじおか・たかひろ=1989年7月17日生まれ、群馬県渋川市出身。左投左打。桐生一高。

野村祐輔(明治大・投手)
高3秋の猛練習でスケールアップ!
“総合力”が魅力の本格派右腕
のむら・ゆうすけ=1989年6月24日生まれ、岡山県出身。右投右打。広陵高(広島)。

2011ドラフト逸材File
2011年ドラフト候補有力選手厳選73人を一挙紹介!
☆大学生・野手(カッコ内は所属・守備位置・出身校)
伊藤隼太(慶応大・外野手・中京大中京)、土生翔平(早稲田大・外野手・広陵)、岡崎啓介(立教大・二塁手・PL学園)、小林誠司(同志社大・捕手・広陵)、井上晴哉(中央大・一塁手・崇徳)、真砂将広(東北福祉大・捕手・高崎商)、渡辺侑也(早稲田大・二塁手・聖光学院)、庄司輔(国学院大・一塁手・修徳)、鈴木大地(東洋大・三塁手・桐蔭学院)、塚田正義(白鴎大・遊撃手・古河一)、中村将貴(明治大・外野手・関西)
☆大学生・投手(カッコ内は所属・出身校)
藤岡貴裕、菅野智之、野村祐輔、中根佑二(東北福祉大・仙台育英)、中後悠平(近畿大・近大新宮)、内山拓哉(東洋大・浦和学院)、森田貴之(明治大・大垣日大)、難波剛太(明治大・春日部共栄)、高木京介(国学院大・星稜)、永井剛(武蔵大・新潟明訓)、森川達哉(関西国際大・投手・水戸短大付)、飯田健(佛教大・投手・守山)
☆高校生・投手(カッコ内は所属)
鈴木康平(千葉明徳)、伊藤拓郎(帝京)、上沢直之(専大松戸)、吉永健太朗(日大三)、今村信貴(太成学院大高)、西口輔(天理)、吉田奈緒貴(宮崎商)、釜田佳直(金沢)、北方悠誠(唐津商)、歳内宏明(聖光学院)、林田かずな(専大松戸)、斎藤健汰(横浜)、白崎航(敦賀気比)、浜田一輝(箕面東)、白根尚貴(開星)
☆高校生・野手(カッコ内は所属・守備位置)
北川倫太郎(明徳義塾・外野手)、丸子達也(広陵・一塁手)、海部大斗(履正社・外野手)、佐藤大貢(東海大相模・捕手)、酒井勇輝(盛岡大付。遊撃手)、高橋周平(東海大甲府・遊撃手)、谷田成吾(慶応・内野手)、堀井保裕(中京大中京・内野手)、村井昇汰(北大津・遊撃手)、桑原将志(福知山成美・遊撃手)、浜田晃成(延岡学園・内野手)、揚村恭平(鹿児島実・一塁手)、浜田竜之祐(鹿児島実・三塁手)、森沢翼(前橋商・外野手)、山中将誉(遊学館・外野手)
☆社会人・投手(カッコ内は所属・出身校)
大塚椋司(JX-ENEOS・聖望学園)、岩佐海斗(東京ガス・成立学園)、武藤好貴(JR北海道・藻岩-中京大)、沖山勇介(日本製紙石巻・桐蔭学園)、佐藤達也(Honda・大宮武蔵野-東海大北海道)、末永彰吾(NTT東日本・筑陽学園-帝京大)、小石博孝(NTT東日本・鶴崎工-立正大)、井納翔一(NTT東日本・木更津総合-上武大)、十亀剣(JR東日本・愛工大名電-日本大)、倉又啓輔(JX-ENEOS・上田西-亜細亜大)、祖父江大輔(トヨタ自動車・愛知高-愛知大)、河野秀数(新日鉄広畑・山城-佛教大)、守安玲緒(三菱重工神戸・菊華-富士大)、鮫島優樹(三菱重工広島・神村学園-MSH塩見)
☆社会人・野手(カッコ内は所属・出身校)
小島脩平(住友金属鹿島・桐生一-東洋大)、重谷祐弥(JR東日本・千葉経大付)、小野寺和也(明治安田生命・前橋-慶応大)、安達了一(東芝・榛名-上武大)、松井飛雄馬(三菱重工広島・江の川)、亀谷信吾(トヨタ自動車・中京大中京-法政大)

最新版!2011年ドラフト候補有力選手321人一覧表
高校生164人=投手60人、捕手13人、内野手53人、外野手38人
大学生60人=投手30人、捕手8人、内野手16人、外野手6人
社会人・その他97人=投手48人、捕手12人、内野手18人、外野手19人

2011年ドラフト先取り座談会
小関順二×氏原英明×西尾典文
2011年ドラフト選手はこの選手
斎藤世代よりいいんじゃない?

「キューバ戦で粉砕した藤岡は、いい経験をした」(小関)
「中後のピッチングを見た時は衝撃でした」(氏原)
「“足の速い選手”から“強打者”に変身した伊藤隼太」(西尾)
「武藤、岩佐、祖父江…今年の社会人はいい!」(小関)
「関西で注目は左の今村。投げっぷりがいい」(氏原)
「揚村は結構打ってるんですけど、足が…」(西尾)

小関順二の12球団ドラフト採点2010
横浜=即戦力右腕を1,2位で獲得。左腕不足は大丈夫か?
楽天=苦しい台所事情。即戦力左腕の塩見獲得で高得点!
広島=テーマである「即戦力投手の補強」半分は成功した
オリックス=高校生の逸材を果敢に指名!冒険心に富んだドラフト
ヤクルト=野手主体の指名。1位・山田は将来の三塁レギュラー候補
日本ハム=斎藤獲得で高得点だがポスト・ダルはどうする?
巨人=V逸最大の原因は先発投手陣の不調。沢村獲得で高得点!
ロッテ=評価の難しい指名。外野手は多すぎて遊撃手は足りない!?
阪神=またもクジ運の悪さに泣いたが意欲的な指名は評価できる
西武=大石を引き当て高得点!起用法は先発か?抑えか?
中日=1位・大野を一本釣り。左肩痛が治れば新人王の有力候補
ソフトバンク=点は辛いがチームを大型化したいという意欲が見える!

旅立ちの日
-アマからプロへ-

斎藤佑樹
早稲田大→北海道日本ハム1位・投手
「不思議な縁」に吸い寄せられ、北の大地へ
「06夏、甲子園決勝の相手が駒大苫小牧。
北海道とは何か縁があるのかなぁと思いました」

沢村拓一
中央大→読売巨人1位

高校1年生・大学2年生の逸材紹介
高校1年生は投打に人材集まる!
2012ドラフト候補も豊作か!?

高校・大学の有力選手進路一覧表

監督と大学野球
高橋昭雄(東洋大学監督)
戦国東都を戦い続けて40年間
「東都の監督はやめられない。面白いもん。いつも、進退賭けてやってるから」

この本を購入する

日刊スポーツ出版社・営業部

早くも2011年のドラフト特集です!

30

アマチュア野球vol.30

(66836-09)が昨日、搬入になりました。1カ月ほど前に「斎藤佑ちゃんはどこに指名されるのかな?」と興味津々で、ドラフト会議の中継を見守ったものでしたが、早いですねぇ。もう2011年ドラフト候補の特集号です。

菅野智之(東海大相模-東海大)、藤岡貴裕(桐生一-東洋大)、野村祐輔(広陵-明治大)がビッグ3と言われるそうで、目玉選手のようですね。う~ん、この大学生3人はテレビでも見たことがあります。大学3年生の投手をテレビで見た記憶のある選手って、本当に力のある選手なんでしょうね。

野手では、伊藤隼太(中京大中京-慶応大)、土生翔平(広陵-早大)らが注目。渡辺侑也(聖光学院-早大)もリストに入ってますねぇ。渡辺君は高校時代にインタビューしたことがあり、いつも気にとめてきましたので、ドラフト候補に名前があるだけでもうれしいものです。そしてカラーページにはまだまだ知っている名前がありました。小林誠治(広陵-同志社大)、森田貴之(大垣日大-明治大)、永井剛(新潟明訓-武蔵大)…高校時代に「輝け甲子園の星」で取り上げた選手たちでした。着実に成長しているんですね。頑張ってほしいです。

巻末に、来春、高校・大学を卒業する選手たちの一覧表が掲載されています。高校生・投手の北から順番に読んだせいかもしれませんが、「横浜商大」が目に付きました。青森山田3人明桜+秋田商2人+西仙北1人(4人連続)、少し空いて、取手二と続いたからでしょうが。

最後、締めは東洋大学の高橋監督のインタビューです。監督がティーを打ってる写真があります。その姿は62歳とは思えないです。この写真は必見です。

高校野球 弱者の戦法」がまたまた増刷決定です。ありがとうございます。

日刊スポーツ出版社・営業部

輝け甲子園の星2010年冬季号

6683608

輝け甲子園の星2010年冬季号
定価840円(本体800円)
2010年12月17日発売
雑誌コード66836-08

この本を購入する

2010年甲子園を沸かせた球児クンの気持ちがこもった熱いメッセージが満載! 指導者と球児、チームメイト、ライバル、親子、さまざまな「ボクたちの絆ストーリー」

ありがとうの思いをこめて
我喜屋優監督への手紙

興南
監督と選手が3年間で築きあげた野球で成し遂げた興南の春、夏連覇。
そこには、目に見えない「絆」がありました。
今、3年間の高校野球を終えて、我喜屋優監督への思いを、選手たちが手紙にしたためました。

島袋洋奨(投手・3年)
我如古盛次(三塁・3年)
国吉大陸(二塁・3年)
真栄平大輝(一塁・3年)

師弟対談
東海大相模
「やんちゃでわがままな一二三が、よくここまで逃げずに頑張った。決勝戦後のインタビューで思わず涙が出たんだよ」(門馬監督)
門馬敬治監督
一二三慎太(投手・3年)
一二三 自分、スリッパの音で誰が歩いているかわかります。監督は、ちょっと歩幅がゆっくりなんです。音も独特。その足音を聞くと、背筋がピーンと伸びます。
門馬監督 選手のほうが指導者をよく見ているのかもなぁ。

恩師と大座談会
中京大中京
「一番手を焼いたチームが、春も夏も甲子園に連れて行ってくれた。もう大感激です」(大藤前監督)
磯村嘉孝(捕手・3年)、森本隼平(投手兼内野・3年)、岩月宥磨(中堅・3年)、小木曽亮(右翼・3年)、岩井川雄太(左翼・3年)、竹内啓貴(投手・3年)
誰もが中学時代から有名な選手でした
大藤先生 森本はライトが一歩も動けないようなすごい打球を飛ばすし、投げたらとんでもない球を投げる。磯村は豊田シニアでもジャパンの選手だったからね。竹内と岩井川は中学も同じチーム(名古屋北シニア)で2人とも柔らかいバッティングをしてましたねぇ。岩月はなんでとったんだって感じ(笑)。なぁ?
岩月 はい…(苦笑)。
大藤先生 でもバツグンに足が速い。守備では打球に向かって真っすぐに走っていく。小木曽は…知らない間に来てました(笑)。
小木曽 僕が一番無名です。
大藤先生 でも、見たら足も速いし肩も強い。早くから試合に出とったよな。そう考えると、みんな、他の高校と取り合いになるような抜群の選手でしたね。
大藤先生に“負けた”と思わせたキャッチャー磯村君の一言とは?/09年夏にメンバーを外れた2人の活躍があったからこそ

師弟対談
成田
梁川啓介部長
中川諒(投手・3年)
「カレーの食べ方を見て、“このままじゃいけない!”と思いました」(梁川部長)
-野球部に入部してきたときの印象は?
梁川部長 特筆すべきエピソードがないくらい目立たない子で。
-そうなんですか!?
梁川部長 いやいや。体は大きかったけど、大人しい性格だし、何事にも受け身な感じでしたね。
中川 能力的にも低い方だったので、アピールしたくても目立てなくて…。
梁川部長 このままじゃダメだと思ったのが1年の夏休み。(中略。部長やコーチが15分で食べ終えたカレーを、中川君は1時間半もかかったそう)コイツがカレーを食べているのを見たときに衝撃が走りましたね。米粒とカレーと闘いだしたんです。スプーンを行ったり来たりさせて、すごく苦しそうな顔してたよな。
中川 苦しかったです…(苦笑)。実は夕食前にポテトチップスを1袋食べてしまって。しまったと思いました…。
梁川部長 コイツ…(苦笑)。あとステーキも飲み込めないとか言って。
中川 はい(苦笑)。
梁川部長 その横で僕が“肉は喉ごしだ!”なんて言って(笑)。
中川 僕は喉ごしが全然分からなかったです(苦笑)。あのときは夕飯を食べるのが苦痛でしたね。でも、それがあったからこそ体もデッカくなって。今はいい経験したなって思います。

ライバル対談
早稲田実業
鈴木健介(投手・3年)
小野田俊介(右翼・3年)
09年センバツでは小野田君が先発し、鈴木君は抑えるという2年生投手リレーを見せてくれた2人。10年夏は鈴木君が投手、小野田君が野手として、最後の大舞台を楽しみました。苦しいときも楽しいときも、いつもそばにいてくれた良きライバル。早実での3年間、お互いにどんな存在だったのでしょうか?

親子対談
日大三
山崎福也(投手・3年)
山崎路子さん
病気のときは支えてくれたお母さん。
三高での2年半はいつも応援に来てくれた。
お母さん、本当にありがとう!

「病気に弱音ひとつ吐かない気丈な福也を見て、絶対に負けない。
死なせるものかって心に決めたんです」(母)

センバツ出場有力チーム
先輩後輩の絆ストーリー
智弁和歌山
西川遥輝(先輩・右翼・3年)×道端俊輔(後輩・捕手・2年)
最初の出会いはティーバッティング。そこから2人の苦悩?の道は始まったかも…(笑)

履正社
山田哲人(先輩・遊撃・3年)×石井元(後輩・遊撃・2年)×海部大斗(後輩・中堅・2年)
熱中症だった山田さんがいなくても、勝とうと誓った夏。
その延長が甲子園でした

報徳学園
越井勇樹(先輩・左翼・2年)×高原悠(先輩・一塁・2年)×田村伊知郎(後輩・投手・1年)
田村のマジメな姿勢を見ればみんな納得。来年は自分ら先輩が田村を援護してみせます!

輝け甲子園の星的
2011年 あつまれ! 甲子園! ボーイズ! 48球児名鑑

堅田裕太(関西・2年・投手)、萩原英之(九州学院・1年・三塁手)、乙坂智(横浜・2年・右翼手)、西口輔(天理・2年・投手)、道端俊輔(智弁和歌山・2年・捕手)
葛西侑也(大垣日大・2年・投手)、近藤健介(横浜・2年捕手)、海部大斗(履正社・2年・中堅手)、揚村恭平(鹿児島実・2年・一塁手)、吉永健太郎(日大三・2年・投手)
北川倫太郎(明徳義塾・2年・左翼手)、坂本誠志郎(履正社・2年・捕手)、玉熊将一(北海・1年・投手)

3年生球児クンの新たな旅立ち(最新の進路情報)

プロ1年目ルーキーにあげちゃう!
特製通知票

堂林翔太(広島・内野手)
庄司隼人(広島・内野手)
岡田俊哉(中日・投手)
今宮健太(ソフトバンク・内野手)
今村 猛(広島・投手)

監督と甲子園
尾島治信(成田)
選手のため、を基本に
指導者自身も自主自律。そして、
時代にマッチした指導を模索する

母が語る我が息子
山田哲人(履正社・遊撃手・3年)
もし世界中のみんながあの子をけなしても、
私だけは絶対応援します

佐藤貴規(仙台育英・中堅手・3年)
勝ち気でやんちゃな「野生児」でした(笑)
ケンカもよくしてきましたねぇ…

連載・ちょっといい野球話
ミニミニ甲子園 越智正典

この本を購入する

この本を動画でパラパラッと見る

日刊スポーツ出版社・営業部

佐々木先生からのメッセージ

12月24日(金)発売予定の『アマチュア野球Vol.30 2011ドラフト先取り』が、きのう校了しました。
本誌104~105ページにインタビューを掲載した佐々木接骨院(千葉・松戸)の佐々木和人院長からのメッセージ動画です。

日本には数少ない「足病(そくびょう)医学」の専門家です。
診察方法等の詳しいことは、佐々木接骨院にお問い合わせください。
============================
佐々木接骨院
〒116-0013 千葉県松戸市五香4-20-7
TEL:047-311-1450
HP:http://sasaki-s.jp/
アクセス:新京成線元山駅から徒歩12分
============================

輝け甲子園の星2010冬季号ができた!

6683608_2

輝け甲子園の星2010冬季号が本日、できあがってきました。発売は12月17日(金)発売。予約を頂いている方には冊子小包で発送しました。早く届くことを祈っています。

さて、最新号は、今年の甲子園を沸かせた球児総登場で読み応え十分な1冊です。

巻頭の“絆ストーリー”は興南、中京大中京、東海大相模、日大三、早稲田実、成田の4校監督への感謝状、部長先生への感謝状、ライバルへの感謝状、そして母への感謝状が詰まっています。どの学校がどの感謝状を書いたのかは発売日に発表しますね。しばし、お待ちを。

今回のもう一つの目玉企画は「甲子園の星的2011年あつまれ!甲子園!ボーイズ!48球児名鑑」なぜ48なのか?は、本誌をご覧ください。
堅田裕太(関西・2年・投手)、萩原英之(九州学院・1年・三塁手)、乙坂智(横浜・2年・右翼手)、西口輔(天理・2年・投手)、道端俊輔(智弁和歌山・2年・捕手)
葛西侑也(大垣日大・2年・投手)、近藤健介(横浜・2年捕手)、海部大斗(履正社・2年・中堅手)、揚村恭平(鹿児島実・2年・一塁手)、吉永健太郎(日大三・2年・投手)
北川倫太郎(明徳義塾・2年・左翼手)、坂本誠志郎(履正社・2年・捕手)、玉熊将一(北海・1年・投手)

連載
監督と甲子園=尾島治信監督(成田)
母が語る我が息子=山田哲人(履正社)、佐藤貴規(仙台育英)
ミニミニ甲子園=越智正典

アマゾンで購入する

e-honで購入する

日刊スポーツ出版社・営業部

新インナーゴルフ 自然上達法から精神集中まで。読むだけで奇跡が起こる!

20080616201340

新インナーゴルフ
自然上達法から精神集中まで。読むだけで奇跡が起こる!
W・T・ガルウェイ著
後藤新弥 訳/構成
本体1600円+税

Amazon

「練習のようにプレーできない」「一生懸命やるが上達しない」「プレッシャーに弱い」などスポーツ選手が一度は悩む問題を明快に解き明かす理論をゴルフというメンタルなスポーツにスポットをあてた。ゴルフ界のバイブルとなった「インナーゴルフ」を改訂し、さらにパワーアップした。

第1章ゴルフはなぜ難しいか
ゴルフが難しいのではなく、人間の心がゴルフをあえて難しいものに仕立て上げているのではないだろうか。特有の心理的重圧、正確さと緻密さの要求、そして特有の誘惑。ゴルフには確かに危険な誘惑が潜んでいる。
ゴルフは征服可能か◎一つの欠点を頭で直そうと頑張るから、二つの欠点が発生する/テニスコートで学んだこと◎「知っていること」を全部忘れたときに、自然なプレーが始まる/内側の障害と直面しよう◎自然な習得や熟達を妨害しているのは、実は自分の心の活動だ/ゴルフの誘惑◎たった一度のナイス・ショットが、快感の落とし穴になる/高精度の要求◎ミスの許容度が極端に少ないから、ゴルファーは過度に緊張する/プレッシャー◎スコアは、冒したミスを一つ残らず写し出す意地悪な鏡だ/特有のペース◎ゴルファーが最も心を乱すのは、ホール間の移動の時間帯だ/速攻レッスンの妄想◎インスタント・レッスンは、効果もインスタントでしかない/潜在能力を出し切る◎現実に発揮される実力は、能力から心の妨害を引いた値だ

第2章発声練習で90を切る
大切なのは、何をするべきか(SHOULD)を頭で知ることではなく、今この瞬間のクラブヘッドや自分自身の筋肉の動きを、生のまま(IS)感じ取ることだ。感じることから、集中が始まる。

第3章力みはなぜ起きる
力みは、ゴルフに限らずあらゆるスポーツで障害を引き起こす。力みの原因が筋肉ではなく、心の内側に存在することを認識することが、力み解消への第一歩になる。

第4章自己不信の克服
必要以上に頑張って力むから、人はゴルフや仕事や、人生までをも、自分で難しくしてしまう。努力は大切だが、頑張りすぎは美徳ではない。なぜなら、自分自身の本能を信じないから、ついつい人は頑張りすぎるのだ。

第5章知覚力の活躍
自分自身やボールの動きを「感じ取る」ことで、持って生まれた自然な「習得能力」がスムーズに発揮される。知覚力の活用こそ、自己不信を根本的に解消し、体験からの自然な上達を促す「インナー・ゲーム」の鍵だ。

第6章習得の技術
雑誌や新聞のレッスン記事をいくら読んでも、セルフ1が満足するだけで、セルフ2には伝わらない。セルフ2は言葉を理解できないからだ。百害あって一利なし。けれどこうした技術レッスンも、活用法次第では自然習得のための有効な「ヒント」になるはずだ。

第7章ショート・ゲーム
パッティングやチップ・ショットは、インナー・ゲームとアウター・ゲームの融合地帯だ。「感じ取ること」に重点を置いた練習で知覚力を開発し、セルフ2の驚異の能力を引き出してみよう。

第8章インナー・スイング
スイングのある一点に感覚を集中し、そこに起きる変化をさらに正確に感じ取ろうとすることで、スイングは自分勝手に「より適切」なものに、変化し始める。技術知識は、セルフ2を助けるヒントになる。

第9章スランプからの脱出
スランプに悩むスポーツ選手は多い。スランプの実体を見極めることで、インナー・ゲームは自然に問題を解消する。人は行動を起こす前に先入観から結果を予断したがるが、その「期待」の心理が、実はスランプを招く。

第10章リラックスした集中
究極の集中状態とは、自分を忘れて何かに没頭するときだ。その「リラックスした集中」に自分自身を導く道は、自分を信じて「感じ取る」ことに始まる。知覚の変化に焦点を合わせ、注意力を絞り込む技術だ。

第11章自分自身のゲーム
ゴルフはゲームにすぎないのに、人は夢中になるだけでなく、ゴルフの結果やハンディキャップに、異常な価値を与えがちだ。ゲームとは何かを見直すことで、幻想から脱出できる。

第12章アウターからインナーへ
体験そのものを、高い密度で純粋にエンジョイすることが、ゴルフや人生の本当のゴールではないだろうか。「内側」の喜びを軽視してきた現代文明にも、大きな転機が訪れている。

はるかなる甲子園2刷出来!

Photoはるかなる甲子園」(栗山英樹著)の増刷が出来上がってきました! 年末年始の駆け込み注文に間に合い、ホッです。今、注文をいただくと年内にはお届けできるのではないでしょうか。是非、ご一読をお願いします。

もう1点、インナーシリーズの「新インナーゴルフ」も増刷が決定しました。今回で第3刷。旧版と合わせると、もう2ケタ刷数になったのかな? 納品は年内か、年明けすぐになりそうです。

日刊スポーツ出版社・営業部

今日も輝け甲子園の星ネタです。

先ほど、輝け甲子園の星2010冬季号(205号)の予約特典ができあがってきました。おぉ~(感嘆)の出来栄えです。選手と監督が並んで写真を撮るなんて、僕らの時代には考えられなかったことですが、平成の世の中ではできちゃうんですね。春のセンバツ後に大変身した彼と、監督の対談も期待です。

しかし、今年のJリーグは移籍が激しく、サッカーai担当もちょっと困ってるようです。恒例の「2011年の誓い(J1、J2全チームから200人ほどの選手に来期の抱負を色紙に書いてもらう企画)」は来季、そのチームにいるか、いないか未定な選手には取材できないため、人選が大変とのこと。例年にないストーブリーグの加熱が、こんなところに出て来ちゃうんですね。2011年はJリーグプレーヤーズ名鑑で試合前にメンバーを確認しておかないと、試合を楽しめません! と、ちょっと宣伝させていただきました。2月下旬発売です。2010jmeikan1

日刊スポーツ出版社・営業部