プロ野球B級ニュース事件簿[昭和編]

6683622

プロ野球B級ニュース事件簿
[昭和編 1950-1988]

定価1200円(本体1143円)
2012年4月5日発売
雑誌66836-22

この本を購入する(在庫僅少です)

2013年7月、昭和人物伝が発売になりました!

あの頃、男たちはサムライだった

昭和プロ野球の歴史に刻まれた「迷記録」「珍事件」「激闘」を当時の新聞紙面とともに掘り起こす!

1 開幕投手のプレッシャーに耐えきれず試合前に失踪! 古谷法夫(国鉄)
2 三塁テキサス安打で幻と消えた日本初の完全試合 田宮謙次郎(阪神)
3 生涯打率10割、長打率40割のスゴイ(?)奴 塩瀬盛道(東急)
4 生涯唯一の安打で完全試合を阻止した男 神崎安隆(松竹)、別所毅彦(巨人)
5 観客がロープを前に押し出し“縄ホームラン” 白石勝巳(広島)
6 進駐軍配属のメジャーリーガーがアルバイト登板 レオ・カイリー(毎日)
7 高校野球もビックリ!? 延長23回の死闘 カスパラビッチ(近鉄)、米川泰夫(東映)
8 野球のルールは難しい 打順間違いで2度打席に立った男 中島執(大洋)
9 「おまえのメガネは度が合ってない!」とむしり取り退場処分 水原円裕(巨人)
10 足掛け3年間黒星、また黒星でついに28連敗 権藤正利(大洋)



115 1球も投げていないのに登板数1がついた投手 高田博之(日本ハム)
116 ミステリー!? プロ初勝利が2日後に消えた! 原田賢治(阪急)
117 ベリーラッキー! 赤鬼も喜んだバックトスホームラン ホーナー(ヤクルト)
118 王vs星野の対決も勃発したクロマティ死球騒動 クロマティ(巨人)
119 KOされた直後、スパイクに八つ当たりして燃やした問題児 カスティーヨ(中日)
120 史上初! カウント2-4からホームラン! 吉村禎章(巨人)
121 阪急最後の日に生まれた日本新記録って? 松永浩美(阪急)

2リーグ制分立に始まり、近鉄vsロッテの10・19決戦で幕を閉じた39年間に渡る激動のプロ野球昭和史から300本以上のニュースをリストアップ。最終的には、マルは-国鉄(下関)昭和25年3月10日からロッテ-阪急(西宮)昭和63年10月23日までに起こったプロ野球のB級ニュースを121本集めました。

なお、長嶋茂雄の天覧試合サヨナラホームラン、王貞治の756号、江夏豊の21球、バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発、10・19決戦などファンの記憶に長く残る名勝負や名場面、偉大な記録は掲載されておりません。

日刊スポーツ出版社・営業部
“東急”という球団名が存在したんですね。どうやら、セネタース、東急、東映、日拓、日本ハムにつながる球団だったよう。長い歴史を感じます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中