月別アーカイブ: 2月 2014

ソチ五輪熱戦速報号 おめでとう羽生結弦金メダル

9784817255457

ソチ五輪熱戦速報号
日刊スポーツグラフ
2014/2/27発売予定
本体1238円+税

羽生結弦
「王子」から「王者」へ 涙の真実、感謝の訳
YUZURU HANYU HISTORY 1994-2014

高橋大輔
3度目の五輪
DAISUKE TAKAHASHI HISTORY 1986-2014

浅田真央
涙のラストダンス
MAO ASADA HISTORY 1999-2014

葛西紀明
7度目ついに…41歳の春

スキー・ジャンプ日本男子団体
葛西紀明、伊東大貴、竹内択、清礼留飛
泣いた泣けた日の丸飛行隊

平野歩夢×平岡卓
中学生が示したスノボ時代
先人の教えでWメダル

渡部暁斗
強い複合が帰ってきた! 日本20年ぶりメダル

竹内智香
女子メダル1号もスノボ 4度目の五輪で快挙

冬季ソチ五輪 日本代表選手名鑑
入賞者一覧
Amazon

広告
画像

ソチ五輪熱戦速報号の準備が進んでいます

9784817255457

プロ野球選手カラー名鑑 2014 支配下全選手徹底ガイド

2014-02-19B5プロ野球選手カラー名鑑 2014
支配下全選手徹底ガイド
主力級全288選手詳細データ収録
2013年度版と比較して32ページ増の保存版
2014/2/21発売予定
本体907円+税

Amazon

プロ野球選手写真名鑑 2014

2014-02-19P

プロ野球選手写真名鑑 2014
支配下全選手完全ガイド
2014/2/21発売予定
本体417円+税
Amazon

お詫びと訂正

2014-02-13
お詫びと訂正

弊社刊行(2月15日発売)、Jリーグ全選手名鑑の122、123ページ、ザスパクサツ群馬内藤圭佑選手、有薗真吾選手の寸評に誤りがございました。ここにお詫びして訂正申し上げます。
正しくは
内藤選手=昨季は10試合0得点。第二GKに定着。先輩・北をさらに脅かす存在になれるか
有薗選手=昨季は18試合1得点。草津チャレンジャーズ出身。CBからSBまで幅広くプレー

不屈の翼 ~カミカゼ葛西紀明のジャンプ人生~

2014-02-08

不屈の翼 ~カミカゼ葛西紀明のジャンプ人生~
著者 岡﨑敏
判型 四六判 本文416ページ
1600円(税別)
発売予定日 2月20日

Amazon

40歳を超えても世界の第一線で活躍し続けるジャンパー
競技を始めてからW杯最年長V、そしてソチ五輪までの歩みに密着
母の死、妹の病気、スキー部の2度の廃部、骨折やケガ、五輪の屈辱…。
「つらかったとは思うんですけど、姉妹がいたから、スッと乗り越えられた」
紀明は、そう言って姉、妹に感謝する。
41歳で迎えるソチ五輪までの1年も、靭帯損傷があり、決して平たんな道のりではなかった。ジャンプ練習も、6月末までできなかった。
だが、ソチ五輪が紀明の最終目標ではない。45歳で迎える18年平昌冬季五輪(韓国)だけでなく、今は50歳現役の可能性まで口にする。
風に乗った時は、今まで飛んだことのない高さまで身体が浮き上がることがある。
〈あっ、風に乗ったな〉
そう思うジャンプが、年に数回ある。
「いつか『絶対に当たる』と思って待っている。絶対にそういう時が来ると、思っているんです」。夢を乗せた風が来るまで、カミカゼ・カサイの諦めないジャンプの旅は続く。(本文より抜粋)

<内容>
第1章 選手生命懸けたフライング
第2章 天才少年出現す
第3章 10代の大転換
第4章 カミカゼ誕生
第5章 悲しみと屈辱と再生と
第6章 時代の荒波
第7章 鬼気迫るアンカー
第8章 終わらない伝説

葛西紀明(かさい・のりあき)
1972年(昭47)6月6日生まれ、北海道・下川町出身。177cm、61kg。9歳でジャンプ競技を始め、下川中時代は北海道中学を2連覇し天才少年と言われた。3年の宮様大会ではテストジャンパーを務め、優勝者の記録を上回る「幻の最長不倒」をマークした。東海大四高1年で世界選手権に初出場し、16歳8カ月の日本人男子の最年少出場記録を樹立。W杯初出場(16歳6カ月)初優勝(19歳9カ月)も当時の最年少記録。W杯では16勝を挙げ、日本人男子最多勝。五輪は92年アルベールビル、94年リレハンメル、98年長野、02年ソルトレークシティー、06年トリノ、10年バンクーバー、14年ソチと7大会連続出場。ソチ大会では日本選手団の主将を務めた。

著者プロフィール
岡﨑 敏(おかざき・さとし)
1957年、北海道池田町生まれ。帯広三条高校―日本大学法学部新聞学科卒。1988年から北海道日刊スポーツ記者、デスク。1994年リレハンメル冬季五輪を取材。2004年からフリーでスポーツライター活動を始め、北海道のスポーツを中心に取材活動を続けている。著書には「北の球人(たまびと)」(2009年4月、日刊スポーツ出版社刊)がある。