日刊スポーツで振り返る 平成箱根駅伝B級ニュース事件簿

平成箱根駅伝B級ニュース事件簿
日刊スポーツで振り返る

平成箱根駅伝B級ニュース事件簿
執筆 久保田龍雄
発売予定日 2014/12/17
本体1296円+税
Amazon

本書では、昭和から平成に年号が変わった1989年(箱根駅伝開催時は昭和64年)から第90回記念大会となった2014年までの平成期から珠玉のエピソードを厳選。過去の大会の回顧をはじめ記録、写真、当時の日刊スポーツ紙面とともに紹介している。また、テレビ放映初期の昭和62、63年の話も番外編として併せて収録した。
コースに乱入した男に転倒させられながらも、負傷の痛みをこらえて優勝のゴールをはたした不屈の男、別々の大学に進み、エース区間の2区で対決した双子の兄弟、最初で最後の箱根で区間2位の力走を演じたチームのマネージャー、緊張のあまり、タスキをかけ忘れてスタートしてしまった1年生、ゴールの手前でうっかりコースを間違えてしまったアンカーなどなど。
「えっ、そんな話があったなんて、当時は知らなかった」とか、「ああ、あんなこともあったなあ」「あの選手は今どうしているのだろうか?」などと懐かしく思い出して、家族や気の合う仲間同士で駅伝談議に花を咲かせていただければ、幸いこのうえない。
箱根駅伝は人間ドラマの宝庫なのだ!

執筆者
久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年(昭35)東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方新聞の記者を経て独立。プロ、アマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中