高校野球ノンフィクションシリーズ Vol.14 繋ぐべきもの ~甲子園と高校野球バトンを託された男たち~

つなぐべきもの
高校野球ノンフィクションシリーズ Vol14
繋ぐべきもの ~甲子園と高校野球バトンを託された男たち~

監修 矢崎良一
発売 2015/6/27発売
1600円+税
Amazon

高校野球の現場におけるチームの歴史や伝統、指導方針などさまざまな視点から「継承」をテーマに、チームと指導者・選手をクローズアップ。今春のセンバツで北陸勢として甲子園初優勝を成し遂げた敦賀気比「フルスイングの真実」など、全6編を収録。

第1章 歴史をつなぐ男 育英高校・安田聖寛監督 名門百年目の再建者
文・矢崎良一
第2章 永遠の座標軸 「尾藤監督の息子」箕島高校・尾藤強監督の“凛冽の意気”
文・谷上史朗
第3章 北陸の春 センバツ優勝・敦賀気比、フルスイングの向こうにあった夢
文・沢井 史
第4章 火の国からの発信 秀岳館・鍛冶舎巧監督の企む高校野球
文・加来慶祐
第5章 連覇の先の物語 興南高校・島袋洋奨とともに戦った男たちの“それから”
文・佐伯 要
第6章 つながれたバトン 昭和第一学園・田中善則監督、多田倫明助監督“陰”と“陽”の融合を目指して
文・中里浩章

執筆者プロフィール
加来慶祐 かく・けいすけ
1976年大分県生まれ。現在も大分県竹田市に在住し、九州沖縄をメインフィールドとして、アマチュア野球を中心に取材活動を展開しているスポーツライター。高校野球、大学野球、ドラフト関連、プロ野球全般の他、ソフトボールを得意分野とし、九州沖縄球界に幅広い人脈を持つ。過去には第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表をはじめ、金メダルを獲得した北京五輪ソフトボール代表などを取材した。本シリーズは今作品が初参加。

佐伯 要 さえき・かなめ
1971年和歌山県生まれ。スポーツライター。早大卒業後、スポーツメーカーでの勤務を経て独立。「週刊ベースボール」「ヒットエンドラン」「ベースボール・クリニック」(ベースボール・マガジン社)「ホームラン」(廣済堂出版)などの野球専門誌を中心に執筆。原稿を通してスポーツ文化の向上に貢献したいと願っている。本シリーズは『勝利の伝導者』『あたらしい風』に次ぐ執筆。

沢井 史 さわい・ふみ
1974年大阪府出身。幼少時代を長崎、福岡で過ごす。会社員を経て独立し、西日本のアマチュア野球、プロ野球を主なフィールドに活躍中。小社の「輝け甲子園の星」ほか「ホームラン」(廣済堂出版)、「野球太郎」(ナックルボールスタジアム)などに寄稿している。今回取材・執筆した敦賀気比がセンバツ優勝するなどタイムリーな作品となった。本シリーズでは『ただ栄冠のためでなく』から参加し、『異能の球人』『あらたしい風』に続く6本目の執筆。

谷上史朗 たにがみ・しろう
1969年大阪府出身。フリーライター。高校時代を長崎で過ごした元球児。紙媒体にこだわり、雑誌「週刊ベースボール」「野球太郎」「ホームラン」、著書に「マー君と7つの白球物語」(パル出版)、共著に「夢を力に!」「挑戦者たち」「勝利の伝導者」「負けたまんまじゃ終われない」「異能の球人」「あらしい風」「創り人」(日刊スポーツ出版社)など本シリーズのレギュラーとして執筆。信念を持った野球人との出会いを求め、プロ・アマ、地域を問わず取材に歩く。ナイターシーズンにはラジオ関西で「ますスポ フライデー」のパーソナリティーも務める。

中里浩章 なかさと・ひろあき
1982年埼玉県出身。フリーライター。早大では野球部に所属。卒業後、スポーツ系出版社のアルバイトを経て独立。現在は野球専門誌を中心に取材活動を続けている。共著に弊社刊『甲子園のキセキ』『終わらない夏』『聖地への疾走』『ただ栄冠のためでなく』『挑戦者たち』『勝利の伝導者』『負けたまんまじゃ終われない』『王者の魂』『異能の球人』『あたらしい風』『創り人』がある。本シリーズ気鋭のライターで、今回で12作品目の執筆となった。

矢崎良一 やざき・りょういち
1966年生まれ。山梨県出身。フリーライター。著書に『元巨人』(ザ・マサダ99年)、『松坂世代』(河出書房新社03年)、『遊撃手論』(PHP研究所09年)など。最新刊に『PL学園最強世代 あるキャッチャーの人生を追って』(講談社 5月発売)がある。共著によるスポーツノンフィクション書籍シリーズを手掛け、08年に立ち上げた本シリーズも密度の濃さで読者の支持を獲得。本書で14作目を迎えるロングセラーに育てあげた。総合プロデュース担当。

表紙撮影=真崎貴夫 まさき・たかお
1964年。佐賀県出身。カメラマン。出版社勤務を経てフリーとなる。雑誌、書籍、イベント等、野球、格闘技等を中心に、スポーツ全般を撮影。格闘技イベント「Krush」「K-1WORLD GP」オフィシャルカメラマン。前作『創り人』につづき今作品でもカバー・表紙撮影を担当。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中