喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年 80年分の証言と秘話

猛虎の80年
喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年
80年分の証言と秘話
日刊スポーツ新聞西日本著
本体1,800円+税
2015/10 発売予定
Amazon

80年分の証言と秘話 日刊スポーツ新聞西日本での大型連載を単行本化

阪神タイガースの歴史は日本球界の歴史であり、ファンにとっては喜怒哀楽の長い歩みだった。1935年(昭和10)12月10日の球団創設から今年で80年。2万9000日あまりの月日の中で、球団史上ただ1度「日本一」の戴冠を許された1985年(昭和60)11月2日、その1日から、悲喜こもごものドラマをつむいでいく。

<主な収録内容>
内容:
第1章 日本一の1日①~⑭
第2章 悲劇のヒーロー小林繁①~⑦
第3章 激震グリーンウエル①~⑦
第4章 星野フィーバー①~⑮
第5章 92年八木幻のサヨナラ奪首弾①~⑦
第6章 江本孟紀運命変えた咆哮①~④
第7章 衝撃の事件簿 ①56年藤村富美男監督排斥事件、②73年巨人V9で甲子園大暴動、③横浜スタジアム審判暴行事件・上下、④繰り返されたスター放出、⑤命を懸けたキャッチ、⑥「タテジマ」を「ヨコジマ」に
第8章 村山実①~⑩
第9章 海を渡った虎戦士①~⑤
第10章 名物グラウンドキーパー 藤本治一郎
第11章 名物社長 三好一彦社長
第12章 代打列伝 ①川藤幸三、②遠井吾郎、③真弓明信、④八木裕、⑤桧山進次郎
第13章 08年まさかの大逆転V逸①~⑤
第14章 指揮官の実像 和田豊①~④

<付録>
※巻頭特別インタビュー 吉田義男
※チーム年表 5000勝と1万試合の足跡

<執筆陣>
◆寺尾博和(てらお・ひろかず)阪神、近鉄、南海、ダイエーなどを担当。日刊スポーツ大阪本社編集委員。
◆高原寿夫(たかはら・ひさお)イチロー日本一の96年、星野阪神優勝の03年をともに番記者として経験。野球部デスクなどを経て編集委員。
◆堀まどか(ほり・まどか)現在は春夏の甲子園大会を軸にした高校野球、大学野球、社会人野球、オリックス、阪神などを取材。
◆松井清員(まつい・きよかず)阪神では4年連続最下位の「地」と、05年は担当キャップとしてリーグ優勝の「天」を体験。
◆町田達彦(まちだ・たつひこ)阪神、オリックスとプロ野球担当を歴任し08年から阪神担当キャップ、10年から野球部デスク。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中