月別アーカイブ: 11月 2015

プロ野球B級ニュース事件簿 2015

プロ野球B級ニュース2015
プロ野球B級ニュース事件簿 2015

執筆 久保田龍雄
発売予定日 2015/11/13
本体1296円+税
Amazon

思わず吹き出すハプニング&目頭熱くなる人間ドラマ130連発!
2015年のプロ野球は、例年になく、珍事、珍現象、珍記録が盛りだくさんだった。
9月の声を聞いても混セはもつれにもつれ、残り20試合を切った時点で上位3チームが1ゲーム差以内に並ぶ空前絶後の潰し合いの末、なんと、2年連続最下位だったヤクルトが14年ぶりに優勝。3位でCS進出を決めた阪神も、結果的に誤審で負けが引き分けになる棚ボタの0・5ゲーム差に笑い、阪神戦での決勝ホームランが幻になった広島が涙をのむという「まさか!まさか!」の珍事となった。
もちろん、今季はあっと驚く珍プレー、爆笑ものの珍場面やハプニングも例年以上に多かった。インフィールドフライの勘違いが招いた珍サヨナラ劇、死球が一度に3人を直撃する“怪現象”、三塁コーチの守備妨害で打者アウトの珍事、ヤフオクドームのホームランテラスのおかげでシーズン0本塁打を免れた3番打者、同じ日に2つの球場でインプレーのボールをスタンドに投げ入れる勘違い2題、大飛球をジャンプ一番好捕した直後、フェンスの中にドロンと消えてしまった外野手などなど、思わず「エーッ、嘘!」と目が点になるような話が次々に登場する。
まさにB級ニュースだけで、1年間を語れてしまえそうなほど珍ネタがよりどりみどりの今シーズン。「そういえば、あんなこともあったなあ」「ああ、あの○○さえなければ…」と楽しみながら2015年のプロ野球を振り返っていただければ、幸いこのうえない。

<主な登場人物>
春の珍事!?トリプルプレーなのに1点が入った!炭谷銀仁朗
“珍打”ピッチャー強襲二塁打!勝負どころで不思議な強運を呼ぶ男!新井良太
誤審でCS進出チームがあべこべになった!決勝弾が幻に!田中広輔
「今思えばやっとけば良かった」ノーノー&完全試合を4度逃した男が引退!西口文也不
「あと7人」からの“奇跡”! みんなでつないで現役最後の打席をプレゼント! 森本稀哲
まさか!まさか!の大どんでん返しで白星が消えた!戸村健次
どっちがホント? 球審は「アウト!」なのに塁審は「セーフ!」江越大賀
二木と三木!2人合わせて「チーム五木」が勝利に貢献!二木康太
レイじゃなくて梅津です!育成から支配下登録もユニホームが間に合わず…梅津智弘
広島全ナインが背番号「86」で黙とう…原爆投下の日に緒方孝市監督
塁審の「出しなさい!」に激高! 東京ドームの数珠騒動!山口鉄也
「打って走れる期待のスイッチヒッター・杉谷選手」ウグイス嬢が3日連続口撃!杉谷拳士
2軍戦1試合で打者1人あたり5千万円!右肩手術で1軍登板なしに終わる!松坂大輔
2軍戦で先発予定の投手が緊急昇格の代役先発で29歳のプロ初勝利!新垣勇人
またやっちまった…“ミスターB級ニュース”2ヶ月連続の珍プレー!西川遥輝
何の恨みもありませんが…場外ファウル弾が相手投手の愛車を破壊!陽川尚将
エレベーター停止も何のその!32階の自室まで900段駆け上がる!マウロ・ゴメス

執筆者
久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年(昭35)東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方新聞の記者を経て独立。プロ、アマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。近著に「プロ野球ドラフトB級ニュース事件簿1965-2014」(小社刊)。