先駆ける者 九州・沖縄の高校野球 次代を担う8人の指導者

先駆ける者
先駆ける者
九州・沖縄の高校野球 次代を担う8人の指導者
加来慶祐著
本体1,600円+税
四六判・並製・本文304ページ
2016/3/9 発売予定
Amazon

2008年センバツを制した沖縄尚学・比嘉公也監督、2013年夏の甲子園準優勝の延岡学園・重本浩司監督をはじめ、次世代の九州・沖縄の高校野球をリードする30代~40代の若手・中堅の監督8人が登場。それぞれの野球人としての生い立ち、個性、分岐点、抱える悩み、指導のルーツなどを紹介する。

【登場する監督】
比嘉公也監督(沖縄尚学=沖縄)
重本浩司監督(延岡学園=宮崎)
井手英介監督(清峰=長崎)
川崎絢平監督(明豊=大分)
西村慎太郎監督(西日本短大付=福岡)
宮下正一監督(鹿児島実=鹿児島)
野仲義高監督(東海大星翔=熊本)
森田剛史監督(佐賀商=佐賀)

第1章 比嘉公也監督(沖縄尚学=沖縄)
――沖縄の宝―― 世代の先頭をゆく

第2章 重本浩司監督(延岡学園=宮崎)
――感度、良好―― よく笑い、よく怒鳴り、よく泣いた指揮官の熱過ぎた夏

第3章 井手英介監督(清峰=長崎)
――祭りのあと―― 清峰、第2幕 県立校の新スタイルを模索

第4章 川崎絢平監督(明豊=大分)
――“Cの遺伝子”―― 智弁和歌山の魂を胸に戦国・大分に築け、青の王国

第5章 西村慎太郎監督(西日本短大付=福岡)
――時代とのにらみ合い―― 作りたいのは、困難に立ち向かう“心”

第6章 宮下正一監督(鹿児島実=鹿児島)
――王道の継承者―― 鹿実野球で挑む鹿児島初の夏頂点

第7章 野仲義高監督(東海大星翔=熊本)
――頑固なタテジマ―― 強固なネットワークで培われた「Tokai」の意地と誇り

第8章 森田剛史監督(佐賀商=佐賀)
――盟友と―― 「一緒にやってみたいですよ。あいつが監督で、僕がコーチで」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中