カテゴリー別アーカイブ: Jリーグ名鑑

Jリーグ全選手名鑑 2015 J1、J2、J3 ALL CLUB 徹底完全ガイド

Jリーグ全選手名鑑2015

Jリーグ全選手名鑑 2015
J1、J2、J3 ALL CLUB

徹底完全ガイド
全日程&記録

2014/2/14発売予定
Amazon

広告

輝け甲子園の星2015年1月号に関するお詫びと訂正

お詫びと訂正
輝け甲子園の星2015年1月号P33上段の市原勝人監督コメントの中に「とくに3回にホームランを打った秦(匠太朗)」とありますが、秦選手がホームランを打ったのは初戦の海星戦でした。お詫びし訂正させていただきます。

お詫びと訂正

2014-02-13
お詫びと訂正

弊社刊行(2月15日発売)、Jリーグ全選手名鑑の122、123ページ、ザスパクサツ群馬内藤圭佑選手、有薗真吾選手の寸評に誤りがございました。ここにお詫びして訂正申し上げます。
正しくは
内藤選手=昨季は10試合0得点。第二GKに定着。先輩・北をさらに脅かす存在になれるか
有薗選手=昨季は18試合1得点。草津チャレンジャーズ出身。CBからSBまで幅広くプレー

2013Jリーグ全選手名鑑

6683632

2013Jリーグ全選手名鑑
2013年2月16日発売
定価500円
雑誌コード66836-32

この本を購入する

今年からオールカラー!
タイトルも変わって、リニューアル!!

ポケットに入る
顔写真付き徹底完全ガイド

内容について一部訂正があります。
P.4,P6 の見出し部分
 201Jリーグディビジョン1日程

 201Jリーグディビジョン1日程
※尚、日程は間違いありません。

P.105,P106,P108,P110 の見出し部分
 201Jリーグディビジョン2日程

 201Jリーグディビジョン2日程
※尚、日程は間違いありません。

日刊スポーツ出版社・営業部

2011Jリーグ・プレーヤーズ名鑑

2011_3

2011Jリーグ・プレーヤーズ名鑑
2011年2月22日発売
定価400円
雑誌コード66836-07

この本を購入する

ポケットに入る
顔写真付き徹底完全ガイド

Jリーグ名鑑が本日、発売になりました。
今年は各種データも満載です。ここで注目するのはP96。「DF登録選手の得点王」トップは闘莉王(名古屋)と深谷(大宮)の6得点。同じ6得点ですが、闘莉王はヘッドのみ6得点で、深谷は右足1、左足1、ヘッド3、その他1の6得点とバラエティに富んでいました。深谷選手の6得点は今季初得点が17節、その後は26節、27節、延期となった28節、31節、33節という終盤に集中。残留争いを抜け出す貴重な得点を叩き出しました。闘莉王で注目すべきはアシスト4を記録。まさに攻守に渡る活躍で優勝に貢献したことがわかります。
同じアシスト4(4得点)は広島からドイツへ移籍した槙野(当時広島)。その上にある「フェアプレー王」では34試合3045分出場で退場・警告なし。決勝まで進んだナビスコ杯324分でも退場・警告なし。DFながら素晴らしい記録を残しました。

この本を購入する

日刊スポーツ出版社・営業部

ユニホーム

昨日のブログでJリーグのユニホームサプライヤーの変更に中途半端に触れてしまいました。で、結局はJ1全クラブの変更が知りたくなり、調べました。名鑑に掲載予定の写真を見ただけですけどね。

・柏レイソル(ヨネックス)
・川崎フロンターレ(プーマ)
・ヴァンフォーレ甲府(ミズノ)
・サンフレッチェ広島(ナイキ)
・アビスパ福岡(スボルメ)

ユニホームといえば…

Jリーグ開幕当初の話です。リーグ戦の試合終了後、某選手(後に日本代表としてW杯出場)が対戦相手の外国人選手とユニホーム交換をしてしまったそう。マネージャーさん曰く「リーグ戦用のユニホームは3着(試合の前半用1着、後半用1着、破れた時などの予備1着)しかないから、ユニホーム交換はしないようにきつく言っていたのに。『だって、あの選手に憧れていたんだもん』と、あまりにもうれしそうなので、怒れなかった」と。代表戦とは違い、リーグ戦中はユニホーム交換してはいけないんだと、その時知ったのでした。

あるクラブがJ2に昇格した初年度、練習着がバラバラでした。色は同じチームカラーなのですが、胸のスポンサーのロゴが違う。広報は「新加入の選手だけが新しい練習着で、JFL時代から在籍する選手は古いままなんです」と選手たちに申し訳なさそうに説明してくれました。スポンサーなどの関係で1年ごとにその年の練習着をすべて回収すると聞いていたので、衝撃的でした。当時のJ2では自分で練習着を洗濯するなんて、よく聞く話でしたが、全員分の練習着を新調できないとは…と。クラブの大小、環境の違いを痛感したのでした。

今年も新しいユニホームが、数々のドラマを彩るんでしょうね。