カテゴリー別アーカイブ: インナーゲーム

新インナーゴルフ 自然上達法から精神集中まで。読むだけで奇跡が起こる!

20080616201340

新インナーゴルフ
自然上達法から精神集中まで。読むだけで奇跡が起こる!
W・T・ガルウェイ著
後藤新弥 訳/構成
本体1600円+税

Amazon

「練習のようにプレーできない」「一生懸命やるが上達しない」「プレッシャーに弱い」などスポーツ選手が一度は悩む問題を明快に解き明かす理論をゴルフというメンタルなスポーツにスポットをあてた。ゴルフ界のバイブルとなった「インナーゴルフ」を改訂し、さらにパワーアップした。

第1章ゴルフはなぜ難しいか
ゴルフが難しいのではなく、人間の心がゴルフをあえて難しいものに仕立て上げているのではないだろうか。特有の心理的重圧、正確さと緻密さの要求、そして特有の誘惑。ゴルフには確かに危険な誘惑が潜んでいる。
ゴルフは征服可能か◎一つの欠点を頭で直そうと頑張るから、二つの欠点が発生する/テニスコートで学んだこと◎「知っていること」を全部忘れたときに、自然なプレーが始まる/内側の障害と直面しよう◎自然な習得や熟達を妨害しているのは、実は自分の心の活動だ/ゴルフの誘惑◎たった一度のナイス・ショットが、快感の落とし穴になる/高精度の要求◎ミスの許容度が極端に少ないから、ゴルファーは過度に緊張する/プレッシャー◎スコアは、冒したミスを一つ残らず写し出す意地悪な鏡だ/特有のペース◎ゴルファーが最も心を乱すのは、ホール間の移動の時間帯だ/速攻レッスンの妄想◎インスタント・レッスンは、効果もインスタントでしかない/潜在能力を出し切る◎現実に発揮される実力は、能力から心の妨害を引いた値だ

第2章発声練習で90を切る
大切なのは、何をするべきか(SHOULD)を頭で知ることではなく、今この瞬間のクラブヘッドや自分自身の筋肉の動きを、生のまま(IS)感じ取ることだ。感じることから、集中が始まる。

第3章力みはなぜ起きる
力みは、ゴルフに限らずあらゆるスポーツで障害を引き起こす。力みの原因が筋肉ではなく、心の内側に存在することを認識することが、力み解消への第一歩になる。

第4章自己不信の克服
必要以上に頑張って力むから、人はゴルフや仕事や、人生までをも、自分で難しくしてしまう。努力は大切だが、頑張りすぎは美徳ではない。なぜなら、自分自身の本能を信じないから、ついつい人は頑張りすぎるのだ。

第5章知覚力の活躍
自分自身やボールの動きを「感じ取る」ことで、持って生まれた自然な「習得能力」がスムーズに発揮される。知覚力の活用こそ、自己不信を根本的に解消し、体験からの自然な上達を促す「インナー・ゲーム」の鍵だ。

第6章習得の技術
雑誌や新聞のレッスン記事をいくら読んでも、セルフ1が満足するだけで、セルフ2には伝わらない。セルフ2は言葉を理解できないからだ。百害あって一利なし。けれどこうした技術レッスンも、活用法次第では自然習得のための有効な「ヒント」になるはずだ。

第7章ショート・ゲーム
パッティングやチップ・ショットは、インナー・ゲームとアウター・ゲームの融合地帯だ。「感じ取ること」に重点を置いた練習で知覚力を開発し、セルフ2の驚異の能力を引き出してみよう。

第8章インナー・スイング
スイングのある一点に感覚を集中し、そこに起きる変化をさらに正確に感じ取ろうとすることで、スイングは自分勝手に「より適切」なものに、変化し始める。技術知識は、セルフ2を助けるヒントになる。

第9章スランプからの脱出
スランプに悩むスポーツ選手は多い。スランプの実体を見極めることで、インナー・ゲームは自然に問題を解消する。人は行動を起こす前に先入観から結果を予断したがるが、その「期待」の心理が、実はスランプを招く。

第10章リラックスした集中
究極の集中状態とは、自分を忘れて何かに没頭するときだ。その「リラックスした集中」に自分自身を導く道は、自分を信じて「感じ取る」ことに始まる。知覚の変化に焦点を合わせ、注意力を絞り込む技術だ。

第11章自分自身のゲーム
ゴルフはゲームにすぎないのに、人は夢中になるだけでなく、ゴルフの結果やハンディキャップに、異常な価値を与えがちだ。ゲームとは何かを見直すことで、幻想から脱出できる。

第12章アウターからインナーへ
体験そのものを、高い密度で純粋にエンジョイすることが、ゴルフや人生の本当のゴールではないだろうか。「内側」の喜びを軽視してきた現代文明にも、大きな転機が訪れている。

インナーゲーム・オブ・ストレス

Innergame1

インナーゲームオブストレス

W・T・ガルウェイ著
姉歯 康 訳
後藤新弥 監修
定価1575円(本体1500円)
2010年6月24日発売
ISBN978-4-8172-0279-6

この本を購入する

内面の障害に打ち勝つ!
患者達が教えてくれたこと

これぞインナーゲームの“真髄”仕事・人生に最高のパフォーマンスを発揮するための方法

パート1 ストレスというゲーム
1 ストレスは必要なのか?
2 私達の2つのセルフ
3 「ストレスメーカー」の正体
4 「闘争-逃走-硬直」の代わりになるもの
5 ギアの上げ下げ

パート2 ストレスを知恵で切り抜ける
6 「インナーゲーム」習得コード ACT
7 あなたの「安定性の木」
8 「自分の盾」を作る
9 自分の人生のCEOとなる

パート3 インナーゲーム・ツールボックス
10 インナーゲーム・ツール1 STOP
11 インナーゲーム・ツール2 CEOになる
12 インナーゲーム・ツール3 3つのコントロールの質問
13 インナーゲーム・ツール4 「新たな姿勢」を試す
14 インナーゲーム・ツール5 マジック・ペン
15 インナーゲーム・ツール6 トランスポーズ
16 インナーゲーム・ツール7 再定義
17 インナーゲーム・ツール8 PLEトライアングル
18 ツールをいかに適用するか? アイリーンの場合
19 「生と死の問題」へのツール適用

結論 人生のインナーゲーム

補足A メディカルノート ストレスについてのQ&A
補足B インナーゲームシリーズについて

この本を購入する

好評!インナーゲームシリーズ
新インナーゲーム
-心で勝つ集中の科学
定価1365円

新インナーゴルフ

自然上達から精神集中まで。読むだけで奇跡が起きる。
定価1680円

インナーテニス(改装版)
こころで打つ
定価1365円

インナーワーク(絶版)

インナースキー
自然上達への最短距離
定価1030円

日刊スポーツ出版社・営業部