タグ別アーカイブ: 加来慶祐

先駆ける者 九州・沖縄の高校野球 次代を担う8人の指導者

先駆ける者
先駆ける者
九州・沖縄の高校野球 次代を担う8人の指導者
加来慶祐著
本体1,600円+税
四六判・並製・本文304ページ
2016/3/9 発売予定
Amazon

2008年センバツを制した沖縄尚学・比嘉公也監督、2013年夏の甲子園準優勝の延岡学園・重本浩司監督をはじめ、次世代の九州・沖縄の高校野球をリードする30代~40代の若手・中堅の監督8人が登場。それぞれの野球人としての生い立ち、個性、分岐点、抱える悩み、指導のルーツなどを紹介する。

【登場する監督】
比嘉公也監督(沖縄尚学=沖縄)
重本浩司監督(延岡学園=宮崎)
井手英介監督(清峰=長崎)
川崎絢平監督(明豊=大分)
西村慎太郎監督(西日本短大付=福岡)
宮下正一監督(鹿児島実=鹿児島)
野仲義高監督(東海大星翔=熊本)
森田剛史監督(佐賀商=佐賀)

第1章 比嘉公也監督(沖縄尚学=沖縄)
――沖縄の宝―― 世代の先頭をゆく

第2章 重本浩司監督(延岡学園=宮崎)
――感度、良好―― よく笑い、よく怒鳴り、よく泣いた指揮官の熱過ぎた夏

第3章 井手英介監督(清峰=長崎)
――祭りのあと―― 清峰、第2幕 県立校の新スタイルを模索

第4章 川崎絢平監督(明豊=大分)
――“Cの遺伝子”―― 智弁和歌山の魂を胸に戦国・大分に築け、青の王国

第5章 西村慎太郎監督(西日本短大付=福岡)
――時代とのにらみ合い―― 作りたいのは、困難に立ち向かう“心”

第6章 宮下正一監督(鹿児島実=鹿児島)
――王道の継承者―― 鹿実野球で挑む鹿児島初の夏頂点

第7章 野仲義高監督(東海大星翔=熊本)
――頑固なタテジマ―― 強固なネットワークで培われた「Tokai」の意地と誇り

第8章 森田剛史監督(佐賀商=佐賀)
――盟友と―― 「一緒にやってみたいですよ。あいつが監督で、僕がコーチで」

広告

高校野球ノンフィクションシリーズ Vol.14 繋ぐべきもの ~甲子園と高校野球バトンを託された男たち~

つなぐべきもの
高校野球ノンフィクションシリーズ Vol14
繋ぐべきもの ~甲子園と高校野球バトンを託された男たち~

監修 矢崎良一
発売 2015/6/27発売
1600円+税
Amazon

高校野球の現場におけるチームの歴史や伝統、指導方針などさまざまな視点から「継承」をテーマに、チームと指導者・選手をクローズアップ。今春のセンバツで北陸勢として甲子園初優勝を成し遂げた敦賀気比「フルスイングの真実」など、全6編を収録。

第1章 歴史をつなぐ男 育英高校・安田聖寛監督 名門百年目の再建者
文・矢崎良一
第2章 永遠の座標軸 「尾藤監督の息子」箕島高校・尾藤強監督の“凛冽の意気”
文・谷上史朗
第3章 北陸の春 センバツ優勝・敦賀気比、フルスイングの向こうにあった夢
文・沢井 史
第4章 火の国からの発信 秀岳館・鍛冶舎巧監督の企む高校野球
文・加来慶祐
第5章 連覇の先の物語 興南高校・島袋洋奨とともに戦った男たちの“それから”
文・佐伯 要
第6章 つながれたバトン 昭和第一学園・田中善則監督、多田倫明助監督“陰”と“陽”の融合を目指して
文・中里浩章

続きを読む