タグ別アーカイブ: 清峰

先駆ける者 九州・沖縄の高校野球 次代を担う8人の指導者

先駆ける者
先駆ける者
九州・沖縄の高校野球 次代を担う8人の指導者
加来慶祐著
本体1,600円+税
四六判・並製・本文304ページ
2016/3/9 発売予定
Amazon

2008年センバツを制した沖縄尚学・比嘉公也監督、2013年夏の甲子園準優勝の延岡学園・重本浩司監督をはじめ、次世代の九州・沖縄の高校野球をリードする30代~40代の若手・中堅の監督8人が登場。それぞれの野球人としての生い立ち、個性、分岐点、抱える悩み、指導のルーツなどを紹介する。

【登場する監督】
比嘉公也監督(沖縄尚学=沖縄)
重本浩司監督(延岡学園=宮崎)
井手英介監督(清峰=長崎)
川崎絢平監督(明豊=大分)
西村慎太郎監督(西日本短大付=福岡)
宮下正一監督(鹿児島実=鹿児島)
野仲義高監督(東海大星翔=熊本)
森田剛史監督(佐賀商=佐賀)

第1章 比嘉公也監督(沖縄尚学=沖縄)
――沖縄の宝―― 世代の先頭をゆく

第2章 重本浩司監督(延岡学園=宮崎)
――感度、良好―― よく笑い、よく怒鳴り、よく泣いた指揮官の熱過ぎた夏

第3章 井手英介監督(清峰=長崎)
――祭りのあと―― 清峰、第2幕 県立校の新スタイルを模索

第4章 川崎絢平監督(明豊=大分)
――“Cの遺伝子”―― 智弁和歌山の魂を胸に戦国・大分に築け、青の王国

第5章 西村慎太郎監督(西日本短大付=福岡)
――時代とのにらみ合い―― 作りたいのは、困難に立ち向かう“心”

第6章 宮下正一監督(鹿児島実=鹿児島)
――王道の継承者―― 鹿実野球で挑む鹿児島初の夏頂点

第7章 野仲義高監督(東海大星翔=熊本)
――頑固なタテジマ―― 強固なネットワークで培われた「Tokai」の意地と誇り

第8章 森田剛史監督(佐賀商=佐賀)
――盟友と―― 「一緒にやってみたいですよ。あいつが監督で、僕がコーチで」

広告

高校野球 弱者の心得

51anZ14oSYL._SS500_高校野球 弱者の心得
~強豪校に勝つために~
“弱者”が“強者”に勝つための111のヒント!
田尻賢誉 著
定価1575円(本体1500円)
2011年6月25日発売
ISBN978-4-8172-0285-7
Amazon

準備と確認の「JK」。
この徹底なくして勝利はない。
本気で準備をしていますか?
誰でもできることをパーフェクトにやる。当たり前にできることを当たり前にやる。
誰にでもできそうでできないことを愚直に積み上げることこそ、一番難しい。
それをやりきったのが興南ナインだった。 続きを読む

高校野球 弱者の戦法

51tBNfVYGfL._SS500_高校野球 弱者の戦法
~強豪校に勝つために~
田尻賢誉 著
定価1575円(本体1500円)
2010年5月29日発売
ISBN978-4-8172-0275-8

Amazon

“弱者”が“強者”に勝つための90のヒント。「弱小県」にあるチームが「日本一」になるために取り組んだこととは? 駒大苫小牧、佐賀北、花巻東などを例に、強豪校に勝つためのヒントを探る。
序章 花巻東
日本一
この3文字の目標を掲げることから花巻東は始まった。
●弱者が強者に勝つために その1
あいさつ、環境整備、気づき、全力疾走、カバーリング、ベンチワーク…。
すべての面で本気で日本一を目指す
第1章 駒大苫小牧・香田誉士史元監督に学ぶ
「弱者」がまずやるべきこと
●弱者が強者に勝つために その6
指示待ち族に進歩はない。小さなミスも流さず、
選手同士で考え、指摘しあえる集団作りが必要
第2章 2007年夏、佐賀北はなぜ勝てたのか?
思わず知らず応援されるようなチームにする
●弱者が強者に勝つために その19
長所を見つけ出し、スペシャリストを養成する
●弱者が強者に勝つために その20
スペシャリストは持ち味を自覚し、練習から納得させる準備をする。
試合では求められた役割を100パーセントやりきる
第3章 花巻東の小兵・佐藤涼平外野手が語る
「ファウル打ちの極意」
●弱者が強者に勝つために その28
相手に気づかれないよう常に観察し、弱点を突く
第4章 守備は誰でもうまくなる!
佐賀商・森田剛史監督の「守備ドリル」
●弱者が強者に勝つために その32
キャッチボールは捕る側の練習でもある。
足を使って胸で受ける
第5章 石見智翠館・末光章朗監督に聞く
軟投派の左投手を育てるポイントはこれだ
●弱者が強者に勝つために その42
スピードが増しても制球力がなくなっては無意味。
投球はあくまでも7~8分。制球力を大事にする
●弱者が強者に勝つために その46
変化球投手でも、主体になるのはストレート。
遅くても、ストレートの切れと制球力を磨くことを忘れない
第6章 東農大二・加藤綾投手からのアドバイス
「遅球のエース」を目指せ!
●弱者が強者に勝つために その47
自分のMAXを知るために塁間の距離で思い切り投げ、
徐々に力を抜いて7~8割の力配分をつかむ
●弱者が強者に勝つために その59
スピードへのこだわりを完全に消す
第7章 小松島・森影浩章監督が語る
球速のない右投手ならサイドかアンダースローに!
●弱者が強者に勝つために その60
高校野球で最も打ちやすいのは130キロ程度のストレート。
腕を上げても5キロ程度しか球速が落ちず、
制球力がアップするなら下げる方が得策
第8章
清峰を全国区の強豪に変貌させた
清水央彦コーチ(佐世保実監督)のデータ分析術
●弱者が強者に勝つために その74
投手はストライクを取れる変化球を最低1つ持つこと。
野手は身の回りの打球を確実にアウトにすることが絶対条件
●弱者が強者に勝つために その77
試合前の分析が絶対ではない。
常に確認し、おかしいと思ったら修正することも必要
終章
●弱者が強者に勝つために その86
一つのきっかけで大きく変わる。自信となる成功体験を味わわせる

監督と甲子園3~人を育てる。すべては未来のために~

51XHre+usFL._SS500_監督と甲子園3
~人を育てる。すべては未来のために~
藤井利香 著
定価1575円(本体1500円)
平成18年8月発行

高校球界で注目を集める14人の名将が熱く語る。主なテーマは「人を育てる」ということ。

Amazon

第1章 公立伝統校の名将たち
澤田勝彦(松山商)
「純白のユニフォームに古豪の誇り」
玉国光男(宇部商)
「ミラクルを生む原風景」
齊藤俊之(銚子商)
「親子二代で挑む母校の勝利」
第2章 躍進する強豪私学の指揮官
上田 誠(慶応)
「受験難関校がついに開けた重い扉」
倉野光生(愛工大名電)
「混戦の愛知をリード。平成17年春、優勝」
森川芳夫(天理)
「三度の監督就任に全力」
第3章 新興公立校からの挑戦
吉田洸二(清峰)
「今や旬。平成18年、センバツ準優勝」
森脇忠之(社)
「過疎地の子どもたちにも夢を」
佐相眞澄(川崎北)
「中学野球から高校野球への挑戦」
熊谷貞男(一迫商)
「町内唯一の公立校に、地域に夢を託して」
第4章 挑戦を続けるベテラン監督
前田三夫(帝京)
「すべてを投げ捨て再出発」
蒲原弘幸(樹徳)
「“先生”にこだわり続けた指導者人生」
特別編
尾藤公元(箕島)
「尾藤スマイルが引き寄せた名勝負」
追悼
小沢章一(千葉英和・故人)
「甲子園の元ヒーローが挑んだ指導者の道」

校名は本書掲載当時のものです。