プロ野球ai 2015年9月号 もっともっと!! プロ野球にワクワクしよう!

2015年9月号
もっともっと!! プロ野球にワクワクしよう!
プロ野球ai
2015年9月号
2015/8/1 発売予定
本体806円+税
Amazon

身がわりインタビュー対決!?
西川遥輝 北海道日本ハムファイターズ
中島卓也 北海道日本ハムファイターズ

Special Iinterview
山崎康晃 横浜DeNAベイスターズ

Talk Special!
広島東洋カープ・投手師弟対決!
前田健太vs大瀬良大地 広島東洋カープ

阪神タイガース若手投手対談
藤浪晋太郎VS歳内宏明 阪神タイガース

新ムードメーカー親友対談!
岡大海VS杉谷拳士 北海道日本ハムファイターズ

ライバル?内野手対談
今宮健太VS高田知季 福岡ソフトバンクホークス

プロ野球ai 野球塾
読者参加企画~ソボクな疑問に答えます!
講師 則本昴大 東北楽天ゴールデンイーグルス
講師 大島洋平 中日ドラゴンズ

プロフェッショナルシーン
清田育宏 千葉ロッテマリーンズ

You&ai
連載~GO GOじゃビット!
読者アンケート

新連載! 谷口雄也のフォトレポート!
北海道日本ハムファイターズ

ハマの番長が語る横浜DeNAベイスターズ
三浦大輔 横浜DeNAベイスターズ

aiインタビュー
宮國椋丞 読売ジャイアンツ

プライベートトーク
森友哉 埼玉西武ライオンズ

オシメンインタビュー
西浦直亨 東京ヤクルトスワローズ

千葉ロッテマリーンズ
レディースデーウォッチング

連載~スタッフレポート
横浜DeNAベイスターズ 広報 青木慎哉
広島東洋カープ 広報 小松剛
オリックス・バファローズ 広報 町豪将
千葉ロッテマリーンズ 広報 梶原紀章
北海道日本ハムファイターズ 広報 青木走野

若手選手の近況、素顔満載!
12球団ファーム&フレッシュコーナー

取材こぼれ話

スペシャルプレゼント!
サイン入りグッズ&色紙&チェキ

スペシャル BIGポスター
大谷翔平 北海道日本ハムファイターズ

第159回
大谷翔平/中島卓也/西川遥輝/谷口雄也/新井良太/杉谷拳士/石川亮/上沢直之/中田翔/浅間大基/近藤健介/柳田悠岐/岡大海/大瀬良大地/鍵谷陽平/山田哲人/鳥谷敬/菊池涼介/新井貴浩/上本博紀/矢野謙次/鈴木誠也/坂本勇人/糸井嘉男/石川慎吾/松井裕樹/福田将儀/陽岱鋼/筒香嘉智/伊藤光/橋本到/山崎康晃/中村勝/川端慎吾/西岡剛/浅尾拓也/小林誠司/関根大気/西勇輝/安達了一/飯山裕志/大野奨太/梅野隆太郎/中村晃/嶋基宏/藤浪晋太郎/今宮健太/山崎福也/黒田博樹/一岡竜司

表紙◎中島卓也&西川遥輝
撮影/新井賢一
「自分の人気? キテる? いや、全然ですよ」と謙遜の中島選手。表紙も西川選手と一緒と知ると、「うん、それがいい!」とひと安心!? いつもの笑顔を見せてくれました。西川選手はすっかり撮りなれた様子で、いろいろなポーズ。今回はメガネで新たな表情まで見せてくれました!

甲子園100年物語 輝いた東北の男たち

甲子園100年物語
甲子園100年物語 輝いた東北の男たち
著者 日刊スポーツ新聞社(東北総局)
判型 B6判 本文256ページ
1,500円+税
2015/7/22 発売予定
Amazon

日刊スポーツ新聞東北版での大型連載を単行本化!
甲子園を舞台に生まれたみちのく球児たちのドラマと秘話

北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手も感嘆!!
「何度でも読み返したい」

本年4月から日刊スポーツ新聞東北版で連載された「甲子園100年物語 輝いた東北の男たち」を単行本化。準優勝編、名監督編、苦い思い出編など10シリーズ60回に及ぶ連載を1つにまとめました。
語り継いでいきたい話、これから甲子園を目指す球児たちへ示唆に富む話が満載です。

<主な収録内容>
第1部 ~準優勝編~
信太貞(秋田中)、桃井久男(三沢)、先崎史雄(磐城)、大越基(仙台育英)、芳賀 崇(仙台育英)、真壁賢守(東北)、菊池雄星(花巻東)、北條史也(光星学院)
第2部 ~小さな巨人編~
今川敬三(秋田商)、千葉翔太(花巻東)、小綿重雄(盛岡三)、城間竜兵(光星学院)、石川雅規(秋田商)
第3部~東北初めて編~
大久保美智男(仙台育英)、熊谷篤彦(日大山形)、山根新(光星学院)、佐藤由規(仙台育英)、石川裕治(東北)、渡辺侑也(聖光学院)
第4部~苦い思い出編~
長谷川寿(金足農)、三浦広之(福島商)、元田尚伸(宮古)、葛西稔(東北)、大沢丈徳(木造)、宇部秀人(久慈商)、大谷翔平(花巻東)
第5部~ユニーク選手編~
佐藤順一(東北)、高松直志(能代)、北田俊郎(久慈)、大湯輔(弘前実)
第6部~名監督編~
大下常吉(八戸中)、村田栄三(仙台一など)、柳沢泰典(学法石川)、嶋崎久美(金足農)、渋谷良弥(山形商)、竹田利秋(東北、仙台育英)、小野平(能代商、秋田商)、佐々木順一朗(仙台育英)、斎藤智也(聖光学院)、仲井宗基(光星八戸学院光星)、佐々木洋(花巻東)
第7部~家族の絆編~
欠端光則(福岡)、小比類巻英秋(三沢)、畠山司(専大北上)、杉本宗人・正人(秋田経法大付)、斎藤隆(東北)
第8部~旋風編~
塚本峻大(利府)、吉田亨(大船渡)、小野憲生(弘前学院聖愛)、吉岡佑晟( 日大山形)、押切卓也(羽黒)
第9部~古豪編~
斉藤幸二(福岡)、佐藤仁(仙台商)、工藤浩二(青森)、佐々木主浩(東北)
第10部~苦難を乗り越え編~
高橋茂(大曲農)、小川裕人(東北)、阿部翔人(石巻工)、鈴木悠太(いわき海星)、春日清(仙台一中)

名言珍言シリーズ 高校野球100年 甲子園が生んだ 名言珍言108選

甲子園が生んだ名言 珍言
名言珍言シリーズ
高校野球100年 甲子園が生んだ 名言珍言108選
執筆 手束 仁 + 創部線の会
判型 A5判 本文240ページ
価格 1,296円+税
発売予定日 2015/7/27
Amazon

聖地の舞台をいろどった球児と指揮官たちのドラマと情熱
~高校野球100年を迎えるにあたって
現在の高校野球の前身である、全国中等学校優勝野球大会の第1回大会が1915(大正4)年に開催されて、100年という節目を迎えることになった。その間には4年間の戦争による中断という不幸な歴史を挟んでいるものの、先人たちから受け継がれてきた高校野球の精神は、今もなお継承され続けていると信じている。
本書では、そんな高校野球のシーンから発せられた言葉を見つけて、その背景や状況を含めて紹介していこうというものである。
さまざまなシチュエーションの中から、思わず発せられた言葉や、場合によっては、聞く人を意識して発せられたものもあるであろう。
ただ、いずれにしても、高校野球100年という節目にあたって、高校野球の歴史を見つめ直していく一助になれればいいと思っている。そして、それぞれのシーンを思い起こしていく一つのきっかけになっていかれれば、それは著者としての喜びでもある。
はじめに、より 手束 仁

<主な収録内容>
高校野球100年 甲子園が生んだ名言 珍言 108選
第1章 甲子園で輝いた将来の大物編 29選
桑田真澄、水野雄仁、菊池雄星、斎藤佑樹ほか
第2章 甲子園で光った球児たち編 34選
松本稔、中野真博、川端正、河地良一ほか
第3章 甲子園で一時代を築いた名将編 9選
蔦文也、木内幸男、栽弘義、高嶋仁、渡辺元智ほか
第4章 甲子園で戦った監督たち編 22選
山下智茂、梅谷馨、大井道夫、大藤敏行ほか
第5章 甲子園を支える人たち編 9選
牧野直隆、脇村春夫、奥島孝康、植草貞夫ほか

続きを読む

目指せハーフ40 藤田寛之のアラ40GOLF実践レッスン

藤田寛之アラ40GOLF
――目指せハーフ40――
藤田寛之のアラ40GOLF実践レッスン
2012年に43歳という史上最年長で初の賞金王に輝いたアラ40の星。
生涯100を打ったことがない藤田寛之プロが「ハーフ40」で回れるように、
日刊スポーツ記者への実践レッスンを通してシングルプレーヤーに導きます。
本体1065円+税
2015/7/30 発売予定
Amazon

■藤田プロのアドバイス
ゴルフはミスのスポーツです。
そのミスがなぜ出るのかを追求し、少しでも出ないように創意工夫しながら練習して実戦ラウンドで活かす、その繰り返しだと思います。
基本も理論も大切ですが、クラブの芯でボールを捉えるにはどうするかを体で覚えることが「ハーフ40」への近道です。
この誌上レッスンが読者の疑問や練習に少しでも役に立てたらうれしく思います
皆さんのゴルフは仲間との交友を図るコミュニケーションの場でもあります。マナーやエチケットを守り、「強い」「うまい」ゴルファーよりも「良い」ゴルファーをめざして下さい。

CONTENTS
平均280ヤード、抜群の精度 藤田プロの代表作ドライバー
フェアウエーウッドの基本ショット スイープするイメージで打つ
アイアンショットの基本はダウンブローだ
アプローチショットの基本は「クラブの上げ下げは等速」が理想
バンカーショットの基本 ポイントはヒザだ!
ボールに厚く当たり、ライから外れない重い転がりを作る
日刊スポーツ記者に実践指導 まずはドライバーショットから
記者のアイアンショットをチェック ズボンの股関節部分のシワを意識
ロングボール第2打 残りはまだ300ヤード以上
第3打 堅~くキザんだはいいけれど 170ヤードも残ってしまった
グリーンまで、残り70~80ヤードのバンカーショット
「どこが狙い目か」を判断し、球筋をイメージする
ティーショットの不成功を嘆くよりも次のことを考えていこう
11番パーの第3打グリーンエッジまで105ヤード、ピンまで125ヤード
第3打はグリーンをショート 何とか寄せてワンボギーでしのぎたい
ミドルアイアンで打てる12番パー3 絶対に大たたきできない!
40ヤードのアプローチ 1パット圏内に寄せたい
ピンまで20ヤード アゴに近いバンカーショット
距離を稼ぎたい 長めミドルのドライバー
200ヤードも残ってしまった パー4の第2打
アンギュレーションのきついグリーンライの読み方「特別レッスン」
フェアのディボット跡に入った。嘆いているヒマはない!
パーを狙いたい短いミドル…しかしワナの臭いがプンプン
是非ともパーオンを狙いたい チャンスの第2打
曲げれば不思議と入ってしまう フェアウエーバンカーは怖くない
高難度の傾斜ショット 「左足下がり」をモノにする
パー3からの1オン率を高めるためには…
深いラフからのロブショットはバンカーと同じ
グリーン周りの逆目のライから3クラブでピンに寄せる
気にするなと言われても… 嫌~な谷越えショット
ラウンド中にスイングをチェックする
コースの状況に応じてアイアンで打ち分ける
絶対に外せない 1・2メートルパットの沈め方
ドライバーを思い切り振るには…
絶対に右にいかせない打ち方 鉄則は“危険な方を向け!”
フェアウエーバンカーから UTで距離を稼ぐ
つま先上がりライからのショットをモノにする
PWでピン筋にいかせる最大のポイントは…
最終ホールのティーショットは上がりの難関コース
パー4の第2打をグリーンから逆算する
思わぬミスショットを招く意外と難しい「左足上がり」
残り50ヤードの第3打…乗るには乗ったが大ショート
ナイスショットの秘訣はドライバーのアドレスにあり
ボールを故意に曲げて障害物を避けるショット
「スッポリ型」と「クレーター型」バンカーからの脱出法
1・5メートルのショートパット 外したらプロは商売にならない

ニッカンAR動画を見るにはスマートフォン、タブレット端末に無料アプリ「日刊スポーツAR」をダウンロード
※APP Store,Google Playからもダウンロードできます。

野球人vol.5 夏はやっぱり高校野球でしょう号 流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦責任編集

野球人 Vol.5
野球人vol.5 夏はやっぱり高校野球でしょう号
2015夏の高校野球最強選手名鑑84&高校野球最強リスト
流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦責任編集
日刊スポーツグラフ

本体741+税
2015/7/15 発売予定
Amazon

流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦責任編集の野球本第5弾! この夏の高校野球注目の84選手を一挙紹介。「流し・まつり 後編」には大分商高・森下暢仁投手、駿河総合高・杉山一樹投手、Honda・石橋良太投手が登場。

恥を知れ! 第5回

高校生最強名鑑300文字ストーリー84

高校野球最強リスト

流し・まつり!<後編>
その1 大分商高・森下暢仁投手
その2 駿河総合高・杉山一樹投手
その3 Honda・石橋良太投手

旬 第4回
横浜商科大・左澤優投手、庄司拓哉投手、平木隆世投手、荒井聖也外野手、谷口諒内野手

野球的ディスカバー・ジャパン
No.03 阪南大高・長井陸投手

社会人の名手・達人に聞く
vol.04 Honda・西郷泰之一塁手

勝手にスカウト歩き
第2回 つゆどきの北信越編

野球人のページ
第4回 文・群馬中央中等教育学校 野球部監督 松本稔

高校野球ノンフィクションシリーズ Vol.14 繋ぐべきもの ~甲子園と高校野球バトンを託された男たち~

つなぐべきもの
高校野球ノンフィクションシリーズ Vol14
繋ぐべきもの ~甲子園と高校野球バトンを託された男たち~

監修 矢崎良一
発売 2015/6/27発売
1600円+税
Amazon

高校野球の現場におけるチームの歴史や伝統、指導方針などさまざまな視点から「継承」をテーマに、チームと指導者・選手をクローズアップ。今春のセンバツで北陸勢として甲子園初優勝を成し遂げた敦賀気比「フルスイングの真実」など、全6編を収録。

第1章 歴史をつなぐ男 育英高校・安田聖寛監督 名門百年目の再建者
文・矢崎良一
第2章 永遠の座標軸 「尾藤監督の息子」箕島高校・尾藤強監督の“凛冽の意気”
文・谷上史朗
第3章 北陸の春 センバツ優勝・敦賀気比、フルスイングの向こうにあった夢
文・沢井 史
第4章 火の国からの発信 秀岳館・鍛冶舎巧監督の企む高校野球
文・加来慶祐
第5章 連覇の先の物語 興南高校・島袋洋奨とともに戦った男たちの“それから”
文・佐伯 要
第6章 つながれたバトン 昭和第一学園・田中善則監督、多田倫明助監督“陰”と“陽”の融合を目指して
文・中里浩章

続きを読む

輝け甲子園の星 2015年7月号 この夏を全力で駆け抜けろ! 注目球児君が続々登場

2015年7月(夏季)号
輝け甲子園の星 2015年7月号

この夏を全力で駆け抜けろ! 注目球児君が続々登場
本体806円+税
2015/6/25発売予定
Amazon

センバツ優勝エースに迫る
平沼翔太(敦賀気比)「夏の借りは夏の甲子園で返したい!」
センバツ優勝チームルポ
敦賀気比 笑顔の夏、悔いのない夏へ

センバツ準優勝エースに迫る
大沢志意也(東海大四)「ひと回り大きく成長して、春逃した日本一を獲る!」
センバツ準優勝チームルポ
東海大四 負けて学ぶ原点、闘争心

高橋純平(県岐阜商)
田中誠也(大阪桐蔭)
江口奨理(浦和学院)
高橋奎二(龍谷大平安)
柘植世那(健大高崎)
宇草孔基(常総学院)
勝俣翔貴(東海大菅生)

2014甲子園出場選手 進路一覧表&OBリポート&第97回選手権大会49地区展望

気持ちはひとつ! 最強コンビ対談
佐藤世那×平沢大河(仙台育英)
亀岡優樹×米田圭佑(松山東)
永谷暢章×溝田悠人(履正社)
吉田凌×小笠原慎之介(東海大相模)
山田知輝×小野田凱(桐生第一)
大江竜聖×今村大輝(二松学舎大付)

母が語る我が息子
篠原涼(敦賀気比)、大沢志意也(東海大四)、柘植世那(健大高崎)

OB球児クンの新生活教えちゃいます!
岸潤一郎(明徳義塾→拓大)「馬淵監督との出会い、甲子園が僕を成長させてくれた」
西嶋亮太(東海大四→JR北海道)
脇本直人(健大高崎→ロッテ)vs香月一也(大阪桐蔭→ロッテ)
安楽智大(済美→楽天)
高橋光成(前橋育英→西武)
秦匠太朗(二松学舎大付→専大)vs岩成亮祐(成立学園→拓大)
吉田叡生(佐野日大→中大)vs河合泰聖(龍谷大平安→中大)
山城大智、赤嶺謙、安里健(沖縄尚学→亜大)
山岡就也(新庄→国学院大)
今井重太朗(三重→中部大ス)
法政大1年生座談会 森田駿哉、鎌倉航、原田寛樹、川口凌
東海大1年生座談会 青島凌也、守屋元気、北條裕之、平山敦規
板東湧梧(鳴門→JR東日本)vs田嶋大樹(佐野日大→JR東日本)
動画はこちらで御覧ください。

監督と甲子園 取材・文―藤井利香
中村猛安監督(日大東北)

連載 高校野球 勝利の栄養学 最終回
ヨシネーのSUMMER STORY
取材こぼれ話
ミニミニ甲子園 文/越智正典
ピート小林の高校野球グラフィティ
甲子園メイト

極貧球団 波瀾の福岡ライオンズ 弱く、貧しく、たくましく! 太平洋クラブライオンズ クラウンライターライオンズ 奮闘の6年を関係者の証言とともに振り返る

極貧球団
極貧球団 波瀾の福岡ライオンズ
弱く、貧しく、たくましく!
太平洋クラブライオンズ
クラウンライターライオンズ
奮闘の6年を関係者の証言とともに振り返る
渾身のノンフィクション!
長谷川晶一著
本体1,600円+税
2015/6 発売
Amazon

かつて「西鉄」時代に黄金時代を築いたライオンズ。しかし、1970年代に発覚した「黒い霧事件」以来、チームは混乱が続き、西鉄身売り後は激動の時代を過ごすことになった。73年~76年までは「太平洋クラブ」として、77年~78年までは「クラウンライター」として、ライオンズは揺れに揺れていた。球団には資金が不足し、道具の調達もままならず、他球団のボールを盗んだり、選手たちは電車移動を余儀なくされるなどしていた。
チームは弱かった。それでも個性的な選手はたくさんいた。土井正博、東尾修、竹之内雅史、基満男、大田卓司、東田正義、真弓明信、三輪悟、三浦清弘、永射保……。彼らは一様に、当時のライオンズを「最後の野武士集団だった」と振り返る。
しかし79年、球団経営はついに行き詰まり、進境著しい大企業・西武へ球団を譲渡。「太平洋・クラウンの6年間」は、はかなくも消えた。「黒い霧事件」に始まり、「空白の一日」で終わる「太平洋・クラウンの6年間」を、関係者の証言とともに振り返る。

目次
序章 一九七二年 前夜――黒い霧と西鉄身売り
黒い霧事件で揺れる西鉄ライオンズ/ペプシライオンズ誕生へ/「あとは私が責任を持つ」、中村長芳の意地と決意/次々と降りかかる難問、難題の数々/野球とは縁のなかった〝新戦力〟たち
第一章 一九七三年 誕生 ――波瀾の幕開け
「はした金では強くなれない」と、中村長芳は言った/島原キャンプ始動、それぞれの意気込み/「開幕来たる(木樽)」か、「初(はじめ)に勝とう(加藤)」か?/新助っ人ビュフォードの劇的なサヨナラホームラン/熱狂するファンの一部が、暴徒化し始める/若き選手たちの、アメリカでの日々/オールスターゲームでは六名の太平洋戦士が活躍/後期は失速するも、「赤い旋風」の息吹が見えたチーム初年度
第二章 一九七四年 騒乱――ロッテ・金田正一との遺恨劇
期待の大砲、フランク・ハワード入団/異色の新人「ララ」と、ハワードの帰国/「無から有を生む」――それこそが、太平洋の武器/去りゆく稲尾和久と、闘志に燃える江藤慎一
第三章 一九七五年 山賊――江藤新監督への反乱
「私は、すべての球団に挑戦状を叩きつける!」/開幕前にほころび始めた、「チームの和」/ビュフォードが植えつけた闘争心と団結心/次々と表面化する「亀裂」の数々……/江藤監督、電撃解任
第四章 一九七六年 混乱――ドローチャーは来るのか?
大型ルーキー・古賀正明/シンデレラボーイ・吉岡悟/太平洋クラブライオンズ消滅/若手選手たちのさまざまなアルバイト/基満男、中日ドラゴンズ移籍騒動
第五章 一九七七年 迷走――クラウンライターライオンズ誕生
雪の日の力投、その代償―/永射保、オールスターでの快投/鬼頭政一退任、根本陸夫が新監督に/江川卓の強行指名と、その余波……/中学生プロ野球選手の誕生
第六章 一九七八年 終焉――さらば福岡、さらばライオンズ
契約金ゼロ、年俸百二十万円/注目は、ウィリー・デービス。そして、立花義家/次々とチーム崩壊の「予兆」が……/カーラジオから、突然の「通告」
終章 二〇一五年 回顧――それぞれの、それから
太平洋クラブ、民事再生法適用へ/東尾修、真弓明信が振り返る、「あの頃」/「太平洋・クラウンで学んだのは《辛抱》、《反骨心》、そして《感謝》だね」/「十五歳プロ野球選手」たちの三十五年……/最後に、窓から思い出の品を投げ捨てた……
(著者プロフィール)
長谷川晶一
はせがわ・しょういち
ノンフィクション作家。1970年生まれ、東京都出身。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経て2003年に独立。野球、格闘技、芸能を主なフィールドに取材、執筆活動を続ける。『ダンス・ラブ☆グランプリ』(主婦の友社)『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』(白夜書房)『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社)『プロ野球 伝説の表と裏』(主婦の友社)ほか著書多数。近著に『2009年6月13日からの三沢光晴』(主婦の友社)がある。

【おしらせ】プロ野球ai 2015年7月号 北海道日本ハムファイターズSPECIAL について

【おしらせ】プロ野球ai 2015年7月号 北海道日本ハムファイターズSPECIAL について 少々時間を頂戴する事になるとは思いますが、返品待ちによる注文をお受け致します。
お近くの書店さんにて注文をお願いします。

【おしらせ】プロ野球ai 2015年7月号 北海道日本ハムファイターズSPECIAL について

【おしらせ】プロ野球ai 2015年7月号 北海道日本ハムファイターズSPECIAL について

ご購入を希望されている皆様には、大変ご迷惑をおかけしており、申し訳ありません。
今後の方針を決定しましたので、お知らせ致します。

増版について検討しましたが、増版は実施致しない事にしました。
主たる理由は、一昨日時点での在庫が出荷数に対して約50%残っている事です。
社内在庫は全くない状況ですし、地域によって偏りはあるものの、一部の販売店ではまだ在庫を持たれているようです。
在庫が約50%残っている状態では増版には踏みきれません。
現状に対するご理解を是非ともお願い致します。

尚、今回はじめてプロ野球aiの電子版を発売する事を决定しました。
今回限りの対応となるかもしれませんが、関係各位の協力のもと現在準備は順調に進んでおります。
出来るだけ早めに発売したいと思っていますが、今しばらく準備時間を頂戴したいと思います。

日刊スポーツ出版社